『オメガラビリンス ライフ』がNintendo Switch向けとして2019年に発売決定!ちょっとセクシーなローグライクRPG

『オメガラビリンス ライフ』が、Nintendo Switch向けとして2019年に発売されることが今週発売の週刊ファミ通2018年9月27日号でアナウンスされました。

『オメガラビリンス』は、D3 PUBLISHERより2015年11月19日にPSVita用ソフトとして発売されたローグライクRPGです。
2017年7月6日には『オメガラビリンスZ』というタイトルで続編がPS4&PSVita向けとしてリリースされており、高い人気を誇っているシリーズになります。

ローグライクRPGの基本をベースにしながらも、ダンジョンで不思議な力“ωパワー”を集めることにより胸部が大きくなりステータスが上昇していくなどお色気要素満載のゲームになっており、ローグライクRPGファンもそれ以外のファンも楽しめる作品になっています。

本作も含めて、シリーズの開発を担当しているのは『トルネコの大冒険2 不思議なダンジョン』や『トルネコの大冒険3 不思議なダンジョン』を手掛けた株式会社マトリックスです。
そのためか、「不思議なダンジョン」と共通したシステムも数多く登場しています。

ちなみに、マトリックスはPS4向けとして11月に発売されるローグライクRPG 『ゆらぎ荘の幽奈さん 湯けむり迷宮』の開発も担当していて、近年ではセクシー系ローグライクRPGを数多く手掛けているようです。

情報源:ファミ通.com

(C)Matrix (C)D3 PUBLISHER