Switch用ソフト『呪いのスペースシャトル』が2020年11月26日から配信開始!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Nintendo Switch用ソフト『呪いのスペースシャトル』が、2020年11月26日から配信開始となりました。
販売価格は400円(税込)ですが、2021年1月14日 23時59分までは割引価格の200円(税込)で購入することができます。

本作は、や『シャークコプター VS 盆踊りゾンビ』『あざらし電鉄』のナウプロダクションが手掛ける、怪異に取り込まれる前にスペースシャトルから脱出を目指すゲームです。

以下、任天堂公式サイトから本作の概要です。

舞台は宇宙。
怪異に取り込まれる前にスペースシャトルから脱出せよ。

拾った市松人形が呪いを振りまいた。
呪いにより怪異に取り込まれつつあるスペースシャトル。
自らも怪異に飲み込まれながら、脱出を目指す。

■あらすじ
ある日、主人公の宇宙飛行士は宇宙へ飛び立つためスペースシャトルに乗り込もうとしていた。
その道中に、ふと「市松人形」が落ちていることに気が付く。
可哀そうに思った宇宙飛行士は人形を拾い、宇宙へ向かうことにした。
しかし、宇宙を進む最中に人形が呪いを振りまき、仲間たち共々人形にされてしまった。
このままじゃ怪異に取り込まれ戻れなくなってしまう…。
手遅れになる前に早く脱出しなければ。

©2020 NOW PRODUCTION Co., Ltd.