『No Straight Roads』がXbox One&Switchにも対応して2020年6月30日に海外発売決定!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


『No Straight Roads』が、Xbox One&Nintendo Switchにも対応して2020年6月30日に海外向けとして発売されることがパブリッシャーのSold OutとデベロッパーのMetronomikから発表されました。
以前に発表されたPS4&PCバージョンと共にリリースされる予定で、ゲームは英語、フランス語、イタリア語、ドイツ語、スペイン語、ブラジルポルトガル語、ポーランド語、ロシア語、日本語、韓国語、簡体字中国語、繁体字中国語がサポートされます。

新たに対応となったNintendo Switchバージョンの『No Straight Roads』は、『Devil May Cry Triple Pack』や『Onimusha: Warlords』、『バイオハザード レジスタンス』にも取り組んだ台湾のスタジオNeoBardsによって共同開発されました。
Xbox Oneバージョンは、EG7企業グループの一部であるスウェーデンのスタジオToadman Interactiveによって共同開発されています。

本作は、音楽をテーマにしたロック魂あふれるアクションアドベンチャーゲームです。
プレイヤーはインディーズバンドのメンバーであるMaydayとZukeとして、No Straight Roadsが作り上げたEDM帝国に戦いを挑むことになります。

今回の発表にあたり、Sold Outのマーケティングディレクター・Sarah Hoeksma氏は次のように述べています。
「ファンはNintendo SwitchとXbox OneバージョンのNo Straight Roadsを始めから求めてきました。この6月にPS4およびPCバージョンと同時にこれらのプラットフォームに導入できることを非常に嬉しく思います。この夏、プレイヤーが選んだプラットフォームでこの音楽の冒険を楽しみ、内なるロックスターの世界に浸っていただくことが待ち遠しいです。」

以下、Epic Games Storeから本作の概要です。

ロック魂とともに「Vinyl City」を取り戻せ!
音楽をテーマにしたアクションアドベンチャーの旅が始まる。
キミはインディーズバンドのメンバーであるMaydayとZukeとして、No Straight Roadsが作り上げたEDM帝国に戦いを挑むこととなる

No Straight Roadsのオーディションで不正なジャッジにより参加が拒否されたMaydayとZukeは、NSR帝国がひた隠しにする邪悪な計画を暴くこととなる。
故郷の街を腐敗から救えるかどうかは彼らの双肩に掛かっている。
将来有望な2人のロックアーティストとして、音楽要素が盛り込まれたハイペ-ス&エキサイティングなバトルに参戦し、音楽の力で巨悪と戦おう!

主な特長:
• 楽曲とサウンドをゲームプレイの核とした、ユニークな音楽ベースのアクションアドベンチャー。
• ミュージックは力なり! 邪悪な帝国と戦い、音楽革命を指揮して、Vinyl Cityを取り戻せ。
• プレイヤーキャラであるMaydayとZukeは、それぞれが音楽系武器と攻撃技を備えている。
• 音楽的要素が詰まったアクションアドベンチャー。 敵が攻撃してくる間に、ビートに合わせて攻撃、ジャンプ、自由に移動して戦え。
• 音楽の力で世界を変えよう! 音楽の力をその身に浴びて、アイテムを武器に変え、シームレスかつダイナミックにロックとEDMを切り替えよ。
• 音楽のジャンルにインスパイアされた8つの美麗なレベルを体験せよ。
• 独特の個性を備えた巨大でインパクト大のボスを倒せ。
• 素晴らしい楽曲を収録。気分が上向くサウンドトラック。
• スキルツリーのアップグレードで能力を高め、NSRに勝利せよ。

経由:Nintendo Soup

スポンサーリンク