『リングフィットアドベンチャー』の続編の可能性について任天堂が「第81期 定時株主総会 質疑応答」で言及

本日7月1日に、任天堂 公式サイト「第81期 定時株主総会 質疑応答」が掲載されました。

この中で、「新型コロナウイルス感染症の影響で外出の機会が減っているなか、屋内で運動ができる『リングフィットアドベンチャー』を大いに楽しんでいるが、続編を開発する予定はないのか。」という質問があり、これに対して任天堂の古川 俊太郎社長は次のように答えています。

A7 古川:『リングフィットアドベン チャー』は2019年10月の発売以来、国内だけでなく海外でも強い需要が続いており、当期は全世界で738万本、累計でも1,000万本を超える販売となりました。また、当社のビジネスは日米欧が主要な地域ですが、このソフトは韓国や台湾、香港を含むアジア地域でも高い人気を得ています。今後の展開につきましては、具体的なことは申し上げにくいのですが、引き続き多くの方に遊んでいただけるよう、さまざまな取り組みをしていきたいと思います。

今後の展開ついては具体的なことは申し上げにくいそうですが、「さまざまな取り組みをしていきたい。」とのことです。