『ファミリーコンピュータ Nintendo Switch Online』は「中断セーブ」やヒントを教えたりできる「おててカーソル」に対応

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『ファミリーコンピュータ Nintendo Switch Online』に関するより多くの詳細が、任天堂公式サイトに掲載されています。
9月14日に掲載されたものです。

サービス開始時のラインナップ

2018年9月のサービス開始時のラインナップは20本で、今後もラインナップが続々と追加予定です。

<ラインナップ>
■アイスクライマー (任天堂)
■アイスホッケー
■エキサイトバイク (任天堂)
■グラディウス (KONAMI)
■サッカー (任天堂)
■スーパーマリオブラザーズ (任天堂)
■スーパーマリオブラザーズ3 (任天堂)
■ゼルダの伝説 (任天堂)
■ダウンタウン熱血物語 (ARC SYSTEM WORKS)
■ダブルドラゴン (ARC SYSTEM WORKS)
■テクモボウル (コーエーテクモゲームス)
■テニス
■ドクターマリオ (任天堂)
■ドンキーコング (任天堂)
■バルーンファイト (任天堂)
■プロレス (任天堂)
■ベースボール (任天堂)
■魔界村 (CAPCOM)

今後配信予定のタイトル

<2018年10月>
■ソロモンの鍵 (コーエーテクモゲームス)
■熱血高校ドッジボール部 (ARC SYSTEM WORKS)
■マリオオープンゴルフ (任天堂)
<2018年11月>
■ツインビー (KONAMI)
■マイティボンジャック (コーエーテクモゲームス)
■メトロイド (任天堂)
<2018年12月>
■アドベンチャーズ オブ ロロ (HAL Laboratory)
■忍者龍剣伝 (コーエーテクモゲームス)
■ワリオの森 (任天堂)
※2019年以降の配信タイトルも決定次第、公式サイト等でお知らせがあります。
※タイトルの追加は、一定期間経過後に終了します。

注目ポイント

①気軽に遊べる
インターネットに接続しなくても、メニュー画面からプレイしたいタイトルを選べばすぐに遊ぶことができます。
いつでもセーブして中断することもできるので、空き時間などでも気軽に遊ぶことができます。


②おすそわけで遊べる
Switchならではの、「おすそわけプレイ」にも対応しています。
Joy-Conをおすそわけすれば、2人プレイも可能です。
シンプルな対戦・協力ゲームがたくさん収録されており、次々とゲームを切り替えて対戦プレイといった遊びかたもできます。

③オンラインで対戦・協力
フレンドとオンラインにつなげれば、画面を共有しながら対戦や協力プレイができます。
1P/2Pを入れ替えることもでき、1人用のゲームでも、交代しながらプレイできます。

④おててカーソル
オンラインの相手にカーソルを表示させることができます。
攻略のヒントを教えてあげたり、拍手することができるとのこと。
協力プレイが盛り上がりそうですね。

⑤ボイスチャット
スマートフォン向けアプリ『Nintendo Switch Online』を使えば、ボイスチャットしながらオンラインプレイを楽しむことができます。

⑥ファミリーコンピュータ コントローラー
『Nintendo Switch Online』加入者だけが購入できるファミリーコンピュータと同じ、大きさ・形のコントローラーがマイニンテンドーストア限定で販売されます。
当時の操作感でファミコンゲームをプレイすることができます。
※『ファミリーコンピュータ Nintendo Switch Online』専用のコントローラーです。
※Nintendo Switch 本体付属のJoy-Conよりもボタンが少ないため、『ファミリーコンピュータ Nintendo Switch Online』以外のソフトを遊ぶことはできません。
※Nintendo Switch本体に取り付けて充電します。

ちなみに海外では、海外版ファミコンNES型のコントローラーが発売されます。

情報源:任天堂公式サイト
© Nintendo

スポンサーリンク