「Nintendo Switch(有機ELモデル)」は大分入手しやすい状態に?

スポンサーリンク


本日12月10日、Amazon.co.jpや楽天ブックスで「Nintendo Switch(有機ELモデル)」の販売が行われました。

現在は完売してしまいましたが、楽天ブックスではネオンはすぐ完売するも、ホワイトのほうの在庫が1時間くらいもつなど、購入しやすい状態が持続。

Amazon.co.jpのほうでは本体単品は完売したものの、記事投稿の2021年12月10日 17時10分時点で、本体セットはまだ購入することが可能です。

【Amazon.co.jp】
Amazon.co.jpでNintendo Switch(有機ELモデル)を検索する
Amazon.co.jpでニンテンドースイッチ ホリデーギフトセット Nintendo Switch(有機ELモデル)を検索する

また、セブンネットショッピングでも有機ELモデルの販売が行われたり、ゲオとTUSTAYA店頭では明日12月11日から先着販売が実施されるなど、かなり入手しやすい状態になってきています。

また、ノジマオンラインではこれまで抽選での販売が行われていたものの、最新の抽選で倍率が3倍程度と落ち着いてきて、当選辞退も多数発生しているため、来週以降は通常販売とする可能性があると同社がTwitterアカウントで報告しました。

2021年10月8日の発売以降、「有機ELモデル」の品薄状態が続いていましたが、これら状況を見ていくと状況は大分改善されたと思っても良さそうです。

ただし、Switch本体は販売計画が下方修正されたことに加え、「年末商戦に向けてSwitchは想定需要を満たせるほど生産できない」という任天堂・古川俊太郎社長からのコメントが11月にあったため、このまま完全に品薄が改善されることになるかは分かりません。

© Nintendo