任天堂が新型Nintendo Switchを2019年後半に投入か。WALL STREET JOURNALが報じる

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


昨年2017年3月3日に発売された任天堂の新型ゲーム機「Nintendo Switch」の新型が、来年にも発売する計画があることがWALL STREET JOURNALの報道によって判明しました。

WALL STREET JOURNALによると、サプライヤーや事情を直接知る複数の関係者が明らかにしたもので、新型Switchのハードウエアおよびソフト面での機能や、それを実現させるためのコストについては現在も協議が続いているとのこと。

現行のSwitchはローエンドのLCD(液晶ディスプレー)を搭載していますが、一つのオプションとして液晶のアップグレードも選択肢の一つだと言います。
より薄く、明るく、そして低消費電力のものが検討されています。
ただし、アップルのiPhone X(アイフォーン・テン)シリーズに搭載された有機ELパネルは採用されない見込みです。

新型Switchは2019年後半に投入計画があり、早ければ来年夏にも投入されるとのこと。
なお、任天堂の広報担当者はこの件についてコメントを差し控えました。

より詳しい詳細は、WSJの記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク