『Nintendo Labo』の機能「Toy-Con Garage」が新たに判明!ロボットのカスタマイズが可能に!?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


米国ニューヨーク市では、『Nintendo Labo』のメディア向けイベントが行われており、いくつか未公開だった機能の詳細も判明してきています。
その一つが、プレイヤーが自分で遊びを作る「Toy-Con Garage」です。

例えば『バラエティキット』のバイクのToy-Conはレーシングゲームのコントローラとして使うものですが、「Toy-Con Garage」を利用することでバイクでリモコンカーを動かしたりと、プレイヤー自身でプログラミングすることが可能だと言います。
「Toy-Con Garage」を利用すれば、釣り竿を使って音楽を演奏することも可能です。

任天堂は「Toy-Con Garage」で作ったギターも披露しました。
ギターはNintendo Labo公式のダンボールではなく、別のダンボールで作られていたもので、『バラエティキット』や『ロボットキット』にないToy-Conを自作して、Switchと連動させることが可能のようです。
『バラエティキット』に含まれているのはピアノなのですが、ピアノの代わりにギターを自作して使えるということですね。

Joy-Conの設定はプレイヤーが自由にプログラミングできるので、既存のキットで用意された遊び方以外にも、プログラミング次第で遊び方の拡張が可能ということになります。

さらに、複雑なプログラムを構築するために余分な「Joy-Cons」を追加することもできます。

情報源:IGN JapanKotaku

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク