ダンボールメーカーのレンゴー株式会社が「Nintendo Labo」にダンボール部品を供給か。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Bloombergが、段ボール国内最大手のレンゴー株式会社が、任天堂のSwitch対応段ボール工作キット「Nintendo Labo」向けに段ボール製品を供給していると報道しました。

事情に詳しい複数の関係者への取材で判明したとのこと。

匿名を条件に取材に応じた関係者によると、レンゴーは段ボール部品に携わる業者の1社として製品を供給している。ラボはスイッチのコントローラーと段ボールを組み合わせピアノや釣りざおなどに仕立てて遊ぶ工作キットで4月20日の発売予定。任天堂では子供を中心にファミリー層などの新規ユーザーを取り込む狙い。

関係者によると、レンゴーでは全国で、ラボ向け段ボール製品を供給できる体制を整えているという。
ただ、会社全体の生産量の中ではラボ向け製品は一部にすぎないとの認識も示した。

「Nintendo Labo」の発表を受けてから、国内では「大村紙業」や「レンゴー」、「王子ホールディングス」といった段ボールメーカーの株が急上昇するなど連想買いがされていましたが、部材供給企業が明らかになるのは今回が初めてのことになります。

4月13日の市場では、この報道後にレンゴーの株価が一時前日比3.7%高の963円まで上昇しました。
終値は1.5%高の943円でした。
一方、思惑買いが先行していた大村紙業は一時8.8%安まで急落、4.1%安の1851円で取引を終了したとのことです。

任天堂とレンゴーの広報担当者は、この件についてコメントをしませんでした。
大村紙業の広報担当者からは現時点では返答はありません。

情報源:Bloomberg

Toy-Con 01: Variety Kit

Toy-Con 02: Robot Kit