任天堂、スマホゲーム事業増強のためDeNA以外の会社とも一緒にできることがないか模索

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


任天堂はDeNAと提携して、スマートフォン向けアプリ『スーパーマリオラン』『どうぶつの森ポケットキャンプ』を去年から今年にかけて配信しています。
ウォール・ストリート・ジャーナルによると、任天堂はスマホゲーム事業増強のため、DeNA以外の会社とも一緒にできることがないか模索しているようです。

話し合いを持った会社は複数あると言い、そのうちの一つが『パズル&ドラゴンズ』を手掛けるガンホーです。
任天堂は過去にガンホーと提携して、共同開発タイトルの『パズル&ドラゴンズ スーパーマリオブラザーズ エディション』をニンテンドー3DS向けに発売したことがあります。

ガンホーはWSJの取材に対して、「そのような事実は現時点までにおいてない」と回答を行いました。

以下、Wall Street Journalの記者Takashi Mochizuki‏さんのTwitterより。

情報源:Takashi MochizukiさんのTwitter

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク