任天堂が「ゼルダ」のIPを使ったスマホゲームを計画

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Wall Street Journalの記者Takashi Mochizuki‏さんによりますと、任天堂は「ゼルダ」のIPを使ったスマホゲームを計画しているようです。
事情を知る複数の関係者が明らかにしました。

今年後半に予定されているスマートデバイス向けアプリ「どうぶつの森」の後に配信される予定とのこと。
ただし、順番や時期は変わる可能性もあるそうです。

WSJの日本語版の記事はこちらです

現在任天堂は、『Miitomo』、『SUPER MARIO RUN』、『ファイアーエムブレム ヒーローズ』といったスマートデバイス向けアプリを配信しています。

モバイル版「ゼルダ」は、同社のモバイルゲームのラインナップを拡充するための最新のステップであるとのことです。

任天堂はディー・エヌ・エイ(DeNA)と共同でモバイルゲームを開発してます。
任天堂とDeNAの代表はコメントを拒否しました。

また、事情を知る2人の関係者によると、ポケモンの新しいカードゲームアプリの配信も計画中とのこと。
スマホ向けアプリについても、同社はコメント要請に応じませんでした。

「ポケモンGo!」は世界中でヒットしましたし、任天堂がそのような計画を立てていたとしてもおかしい話ではありませんね。

現時点でこれらの情報は任天堂からの公式発表はなく、複数の関係者からの情報になります。
何か任天堂から発表があるまでは、噂として思っておいてください。

スポンサーリンク