ネオスがSwitch向けソフト市場に新たに参入することを正式アナウンス!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

モバイル、インターネットサービスを手掛けるネオス株式会社が、Nintendo Switch向けソフト市場に新たに参入することを正式アナウンスしました。

株式会社サンリオおよびサン宝石と提携して、参入第一弾タイトルの『ぷるきゃらフレンズ ほっぺちゃんとサンリオキャラクターズ』を7月11日に発売する予定です。

ネオスがNintendo Switch市場に参入 ~サンリオ、サン宝石とのコラボによる創造力を養うキッズタイトルを開発~

モバイル、インターネットサービスを手掛けるネオス株式会社(本社: 東京都千代田区、代表取締役社長: 池田 昌史、以下ネオス)は、これまでにNTTドコモの「dキッズ」、Googleの「Google Play」、Appleの「App Store」などに多数のキッズ関連アプリを投入してまいりました。今回、これまで培ってきたキッズ向けコンテンツのノウハウを活かし、この度Nintendo Switch向けソフト市場に新たに参入いたします。

第一弾として、女児に絶大な人気を誇るキャラクターを保有する株式会社サンリオ(本社:東京都品川区、以下サンリオ)と株式会社サン宝石(株式会社サン宝石:山梨県中央市、以下サン宝石)の両社とライセンス契約を結び、新たなNintedndo Switch向けソフトウェアを販売いたします。

具体的には、サン宝石の「ほっぺちゃん」と、サンリオの「ハローキティ」や「ポムポムプリン」等の5キャラクターとほっぺちゃんが独自にコラボレーションしたキャラクターが登場する、【ぷるきゃらフレンズ ほっぺちゃんとサンリオキャラクターズ】を2019年7月に発売する予定です。

サン宝石はアクセサリーや雑貨を中心とした通信販売事業者で、「安くてかわいい」をコンセプトとした商品が全国の小・中学生の女子から圧倒的な支持を得ています。中でも、本作にも起用されているオリジナルキャラクターのほっぺちゃんはファンクラブ会員数90万人を超え、様々な関連商品が展開されている人気キャラクターです。 

一方サンリオは、世界的な人気を誇るハローキティをはじめとしたキャラクターを通じ、商品の企画・販売から、テーマパーク事業まで多岐に渡るビジネスを展開しています。

本作は、ほっぺちゃんやサンリオキャラクターズバージョンのほっぺちゃんらが暮らす町を舞台に、アイテムを集めたりミッションをクリアしながら町を大きくしていく箱庭系シミュレーションコンテンツです。自分だけのオリジナルキャラクターをデザインしたり、集めたアイテムで部屋をコーディネートする等、お子様の自由な創造力・発想力を養うカスタマイズ要素を多く取り入れている他、スマートフォンでの開発実績を活かしつつ、Nintendo Switchならではの操作感やユーザーインターフェースを実現し、未就学児から小学生を中心に楽しく簡単に遊べる設計をいたしました。

ネオスでは、今後もNintendo Switchをはじめとしたさまざまなプラットフォームへ向けた積極的なコンテンツ及びアプリケーションの展開を行ってまいります。

【ぷるきゃらフレンズ ほっぺちゃんとサンリオキャラクターズ】サービスサイト
https://puruchara.com

<ネオスについて>
【商 号】ネオス株式会社
【本 社】東京都千代田区神田須田町1-23-1 住友不動産神田ビル2号館
【U R L】https://www.neoscorp.jp/
【設 立】2004年4月
【代表者】池田 昌史
【グループ事業内容】
◆エンタープライズソリューション事業:企業のさまざまなニーズに対応したICTサービスを企画段階から提供
◆テクノロジープラットフォーム事業:通信キャリア等に対して技術力を基盤にアプリケーションやシステムを提供
◆コンテンツサービス事業:個人から法人まで、専門的な知見とクリエイティブに基づいたコンテンツを提供

※記載されている社名、製品名、ブランド名、サービス名は、すべて各社の商標または登録商標です

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする