PS4&Switch版『My Memory of US ~ちいさなオリーブの花たち~』が2020年冬に国内発売決定!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


パブリッシャーのPhoenixxが、PS4&Nintendo Switch版『My Memory of US ~ちいさなオリーブの花たち~』を国内向けとして2020年冬に発売することを発表しました。
販売価格は未定です。

本作は、ポーランドのインディーデベロッパーJuggler Gamesによって開発された、白黒のグラフィックが特徴的な物語ベースのアドベンチャーゲームです。

物語の舞台となるのは、ロボット兵士によって制圧された世界です。
人々は人工的に分離された2つの世界に住むことを強制されていました。
一部の市民は、巨大な壁によって他の街から封鎖された場所に住まわされています。

そんな運命に引き裂かれそうになっても、友情の力を尽くして再会しようとする人々の愛や、自由、友情をテーマにした物語が繰り広げられます。

以下、Steamの商品紹介ページより本作の概要です。

My Memory of Us(私たちについて覚えていること)は、ある男の子と女の子の友情の思い出です。
厳しい時代の中で育まれた友情です
恐怖と痛みと排除の時代でした。人々は人工的に分離された2つの世界に住むことを強制されていました。

物語は好きですか?
もしそうなら、ひとつお聞かせしましょう。
しかし、それは単なる昔話ではありません。
それは、実際の人々についての物語であり、、現在でも関わっている恐ろしいできごとについての物語ですから、昔話とは違うものになるでしょう。
時をさかのぼりましょう。
それはすべて、2つの異なる世界から来たある男の子と女の子の出会いから始まりました。

つかの間、彼らはともに笑い、互いにただ楽しく過ごしました。
残念ながら、すべての良いことには必ず終わりがあります。
戦争が起こりました。
EVIL KING(邪悪な王)が街を占拠し、彼のロボット兵士がいたるところに出現しました。
市民は分別され、一部の市民は印を付けられ、自分の家から退去させられ、巨大な壁によって街の他の部分から封鎖された場所に住まわされました。
幸いにも、子どもたちは一人ではありませんでした。
彼らは一緒にいました。
彼らは運命に引き裂かれそうに見えました。
それでも、彼らの友情の力が彼らを別れさせませんでした。
これが、隔てられても力を尽くして再会しようとする人々に捧げるゲーム、My Memory of Usの背景となる物語です。

My Memory of Usの物語は、互いに補完し合う友だち2人の視点で語られます。
彼らはそれぞれ自分自身の能力を持っています。
– 彼女は速く走れ、彼は忍び込むことができます。
– チームとして一緒に活動するときだけ、彼らはすべての逆境を乗り越えることができます。
友だちと楽しんでみたいですよね。それでは!
彼女の手をつかんで、外の世界でどんな冒険があなた方を待っているかを発見してください。
一緒にいる限り、世界の何ものもあなた方を止めることはできません。

<特徴>
■危険な時代の友情と愛についての感動的なストーリー
■ナイーブアートにインスパイアされた美しいスケッチ風のグラフィックス
■ペアメカニクス:スキルと能力の異なる2つのキャラクターをそれぞれまたはペアとしてコントロール
■ほろ苦いユーモアが織り込まれたグロテスクな物語
■ゲームに出てくるできごとは戦争の実話に基づく
■シンボル画による言語を中心に構築された対話システム
■2.5Dのさまざまな論理パズル
■歴史的事実の上に設定され、より深い意味を提示する物語