Switch版『My Lovely Daughter』が海外向けとして2019年5月23日に発売決定!愛と家族についての錬金術シミュレーターゲーム

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Nintendo Switch版『My Lovely Daughter』が、海外向けとして2019年5月23日に発売されることがパブリッシャーのToge ProductionsとデベロッパーのGameChanger Studioから発表されました。
米国での販売価格は$14.99に設定されていますが、事前予約で割引もあります。

本作は、GameChanger Studioによって開発された、愛と家族についての錬金術シミュレーターゲームです。
プレイヤーは記憶をなくした錬金術師で、娘を亡くした父である「Faust」となり、娘を生き返らせるため禁じられた錬金術に手を染めていく物語が描かれています。

開発者が実際に親から受けた厳しい体験を元にしているそうで、児童労働、子供への虐待、無知の社会といった重めの題材が扱われています。
プレイヤーを選ぶゲームとなりそう。

なお、GameSparkでは開発者へのインタビューが掲載されているので、下記のSwitch版紹介映像と共にこちらもチェックしておきましょう。

<紹介映像>

情報源:Nintendo SoupNintendo.com