『Mutant Mudds Collection』はゲーム動画撮影機能に対応

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年後半に海外で発売される『Mutant Mudds Collection』ですが、ゲーム動画撮影機能に対応することが公式Twitterで発表されました。

ゲーム動画撮影機能は、10月19日に配信された最新Ver.4.0.0で追加された新機能です。
キャプチャーボタンを長押しすることで、最大30秒の動画撮影が可能になります。

現在対応、及び対応予定のソフトは次の通りです。

【動画撮影対応ソフト】
『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』 (Ver. 1.3.0以降)
『マリオカート8 デラックス』(Ver. 1.3.0以降)
『ARMS』(Ver. 3.1.0以降)
『スプラトゥーン2』(Ver. 1.2.0以降)
『スーパーマリオ オデッセイ』(10月27日発売)
※より詳しい情報はニンテンドートピックスでチェックしてください。

現時点では、『Mutant Mudds Collection』はサードパーティ初の「ゲーム動画撮影機能」に対応したソフトになりそうです。
ただソフトの発売はもう少し先になると思うので、その前に「ゲーム動画撮影機能」に対応してくるソフトが出てくるかもしれません。

『モンスターハンターXX』の小嶋プロデューサーなど、「動画撮影」に興味を持っている方も多くいて、今後対応ソフトが増えていくのは間違いなさそうです。

スポンサーリンク