Switch版『Moonlighter』の海外発売時期が2018年秋に決定!ショップ経営ローグライクRPG

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Nintendo Switch版『Moonlighter』の海外発売時期が、2018年秋に決定しました。
本日放送された「Indie Highlights – 2018.8.20」で発表されています。

Moonlighter (輸入版:北米) - PS4
Gamequest (2018-09-25)
売り上げランキング: 27,337

本作は、『風来のシレン』『トルネコの大冒険』に代表されるローグライクと、『ゼルダ』風のアクション要素が組み合わさったローグライクRPGです。

主人公はリノカ村に住むウィルという少年です。
ウィルは、ひそかに英雄になるという夢を見ている冒険的な店長です。

英雄になるためにはお金が必要なので、ウィルはお金を稼ぐためにお店を経営することになります。

昼は店長として、お店の経営を行います。
お客が来る前に商品を棚に並べましょう。
価格を設定したり、お金を管理したりするのも重要な仕事です。
アシスタントを募集したり、店をアップグレードすることもできます。
お客の中には、商品を盗むかもしれない盗人もいるので注意してください。


夜になったら商品を集めるために、危険に満ちたダンジョンに挑みます。
ダンジョンは挑むたびに形が変化する、ローグライク要素が取り入れられています。


ただダンジョンに挑むだけではなく、ショップも経営するというのが本作ならではの特徴となっています。

スポンサーリンク

概要

以下、Steamの商品紹介ページより本作の概要です。

どんな冒険にも見返りは必要
はるか昔に行われた考古学的な発掘により、とある「ゲート」群が発見された。そして人々は、この古代の通路が異なる世界、異なる次元へと続いていることに気付く――そして勇猛ながらも無謀な冒険者たちは、この世のものとは思えぬ宝を手にしていった。小さな商業の村「リノカ」は、そんな発掘現場付近に設立された集落であり、冒険家たちが命を懸けて手に入れた宝物を売り、そして身を休める場所であった。

Moonlighter は英雄になりたいと願う冒険心溢れる店主・ウィルの日常生活を描く、そんなアクション RPG とローグライク要素を加えたゲームです。

▼自分のお店を切り盛りしよう
あなたはリノカ村でのビジネスを切り盛りしながら、アイテムを売ったり、その価格を細かく設定したり、貯めたゴールドを管理したり、バイトを雇ったり、店舗をアップグレードしたりできます。でも中には、貴重な売り物を盗もうとするアヤシイ人間が出てくるかもしれません。どうぞご注意あれ!

▼スタイルをもって戦うべし
多種多様な敵やボスを倒し、やり応えのある奥深い戦闘システムをやり込みましょう。武器の巧みな扱い。絶妙なタイミング。慎重な位置取り。そして敵と周囲に関する知識。そのいずれも生き残るためには必要不可欠な要素です。どのように敵と戦うかは、すべてアナタ次第です。

▼村を復興させよう
隣人たちと仲良くなりながら、この小さな商業の村の繁栄を取り戻していくのも目的のひとつ。新しいビジネスの開業を手伝い、こののどかなリノカ村で拡大していく様子を見届けましょう。

▼作成とエンチャント
自分を強化するなら、作成とエンチャントのシステムを理解することが不可欠です。村人たちと交流していき、新しい防具や武器を作成したり、既存の装備のエンチャントをおこなえるようになりましょう。これで柔軟性が大きく上がり、装備の使い方にもさらに幅が生まれます。

▼戦利品を手に入れろ
異界のゲートを通って、摩訶不思議な世界に足を踏み入れ、資源や武器・防具、奇妙なアーティファクトなど、別世界の文明の貴重なアイテムを手に入れましょう。ただし全てのアイテムを持ち歩くことはできません。独自のインベントリ・システムをうまく使って、利益率の大きい戦利品だけを持ち帰りましょう。

▼ゲートを開け
ゲートは異なる世界への入り口。潜るたびに独特の体験になり、頭を使った計算された決断を迫られます。次にどんなものに遭遇するか分かりません――あらゆる状況に対応できる準備と覚悟を済ませておきましょう。

紹介映像

スポンサーリンク