『Monster Boy and the Cursed Kingdom』がニンテンドースイッチで発売予定

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ニンテンドースイッチでも発売が予定されている『Monster Boy and the Cursed Kingdom』の新スクリーンショットが、今日公開されました。
森をイメージした美しいビジュアルのスクリーンショットになります。

今回はこのゲームについて、詳しく紹介したいと思います。

スポンサーリンク

Monster Boy and the Cursed Kingdom

『Monster Boy and the Cursed Kingdom』は、SEGAの名作アクションゲーム『ワンダーボーイ』『モンスターワールド』を手掛けた西澤龍一氏がプロジェクトに関わっているアクションゲームです。

ドイツのデベロッパーであるFDG Entertainmentと、Game Atelierが共同で開発を手掛けています。

■ワンダーボーイ モンスターランド 紹介映像

■Monster Boy 紹介映像

動画を見る限り、『ワンダーボーイ』や『モンスターワールド』から強く影響を受けているのが分かりますね。
グラフィックは現代風ですが、古きよきSEGAっぽいアクションゲームという感じがします。

本作は、PC(Steam)/PS4/Xbox Oneで発売が予定されていましたが、2017年1月14日にスイッチ版もリリースすると、公式Twitterとブログで発表しました。

本作には、『モンスターワールド』シリーズの開発者である西澤龍一氏がプロジェクトに参加。
数多くのゲーム音楽に関わる古代祐三氏・桜庭統氏・山根ミチル氏・小林啓樹氏・柳川剛氏も楽曲提供し、非常に豪華なメンバーが開発に関わっています。
さらに、シンガソングライターの霜月はるか氏が主題歌を提供しています。

出典:Monster Boy 公式ブログ

【関連リンク】
「Monster Boy and the Cursed Kingdom」プレビュー
「モンスターワールド」公認オマージュ作「Monster Boy And The Cursed Kingdom」のプレイレポート。内容は「II」風ながらペペログゥも登場

現在、日本版の発売については不明ですが、これだけ日本と関わりのあるゲームですから期待してしまいますよね。
何せ日本語の主題歌(紹介映像を参照してください。)まであるくらいですから。

日本版のリリースにも期待していきたいですね。

スポンサーリンク