PS4&Switch&PC用ソフト『Voice of Cards 囚われの魔物』が2022年9月13日に発売決定!

スポンサーリンク


スクウェア・エニックスが、PS4&Nintendo Switch&PC(Steam)用ソフト『Voice of Cards 囚われの魔物』を2022年9月13日に発売することを発表しました。
価格はダウンロード版3,520円(税込)で、Voice of Cards 囚われの魔物 + DLCセットが4,356円(税込)に設定されています。
※Steam版は2022年9月14日発売予定

本作は、『Voice of Cards ドラゴンの島』と『Voice of Cards できそこないの巫女』に続く、「Voice of Cards」シリーズ最新作です。
ヨコオタロウ氏、岡部啓一氏、藤坂公彦氏ほか豪華スタッフによって描かれる、テーブルトークRPGをモチーフにすべてをカードで表現したRPGになっているとのこと。

以下、任天堂公式サイトから本作の概要です。

大切なものは、カードの中にーー

これは、魔物への復讐を誓う、少女の物語。
帰る場所を失った少女は、謎の少年の手を取り、まだ見ぬ世界へ旅立ちます。
その先にあるものは、希望の光か、失望の闇か……

全てを「カード」で表現したRPG、「Voice of Cards」シリーズ。
今作「囚われの魔物」では、倒した魔物をカードに封じ込め、バトル中にスキルとして使うことができます。

「NieR」シリーズや「ドラッグ オン ドラグーン」シリーズの開発スタッフ・ヨコオタロウ氏・岡部啓一氏・藤坂公彦氏による、独特なゲーム体験をお楽しみください。

※本作は、『Voice of Cards ドラゴンの島』『Voice of Cards できそこないの巫女』の続編ではありません。そのため本作のみでお楽しみいただけます。
※本作を含んだセット商品の販売もございます。重複購入にご注意ください。
※インターネットに接続することでご利⽤できるサービスは、ゲームソフトの発売から期間が経過すると終了する場合がございますので、あらかじめご了承下さい。

© 2022 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.