【更新】Switch用ソフト『みんなの倉庫番』が2019年5月23日に配信決定!1982年に日本で誕生してパズルゲーム

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Nintendo Switch用ソフト『みんなの倉庫番』が、2019年5月23日に配信されることがアンバランスから発表されました。
販売価格は1,980円(税込)に設定されています。

『倉庫番』は、1982年12月に有限会社シンキングラビットから発売された、コンピュータ用のパズルゲームです。
その後、PCや家庭用ゲーム機、携帯ゲーム機、アプリなどで数多くのタイトルがリリースされており、現在までシリーズが続いている定番パズルタイトルとなっています。

Nintendo Switchでは『倉庫番ビキナーズ』と『倉庫番ライト』の2タイトルが甲南電機製作所からリリース予定(こちらこちら)となっていますが、このタイトルと関係あるのかは不明です。
発売元やグラフィックが違うので別物になるんでしょうか?
(タイトル変えてリリースされるのかと最初勘違いして記事を書いてたので、一部修正しました。)

以下、任天堂公式サイトから『みんなの倉庫番』の概要です。

荷物を押して、ゴールに運ぶだけ。
日本生まれの本格パズルゲーム『倉庫番』!

最短手数でのクリアを目指したり、別の手順を探したり…。
シンプルなルールで奥が深いパズルゲーム『倉庫番』がNintendo Switchに登場!
遊び方次第で難易度も楽しさも無限大☆

■倉庫番とは
『倉庫番』は1982年に日本で生まれたパズルゲームです。
倉庫内のすべての荷物を「押すだけ」でゴールへ運ぶ。たったそれだけなのに奥が深い。
そんな葛藤の果てにのみ訪れる、解放感と達成感。時にそれは、もつれた糸が「すっ」と一本にほどけた、あの瞬間の恍惚にも似ます。

■倉庫番のルール
1) 荷物は押すだけ。引くことはできません。
2) 同時に押せる荷物は1つまで。
3) すべての荷物をゴールまで運びましょう。

<公式サイト>
http://www.unbalance.co.jp/switch/sokoban/
<配信ページ>
https://ec.nintendo.com/JP/ja/titles/70010000017610

Copyright © HIROYUKI IMABAYASHI・FALCON CO.,LTD. © UNBALANCE Corporation

スポンサーリンク