Switch用ソフト『Mini Metro』が2018年8月30日から配信開始!鉄道運営ライクなパズルゲーム

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Nintendo Switch版『Mini Metro』が、2018年8月30日より配信開始となりました。
販売価格は1,100円(税込)です。

本作は、ニュージーランドに拠点を置くデベロッパーDinosaur Polo Clubによって開発された、世界中の都市を舞台にした鉄道運営ライクなパズルゲームです。
開発地下鉄の駅を線路で繋いでいき、駅が乗客でパンクしないように管理していくことが貴方の目的となります。

都市が発展するにつれて、駅と乗客が増えていきます。
乗客で駅がパンクしないように、構築していきましょう。
乗客が増えれば増えるほどやることも増すため、作業が多くなり頭を使います。

以下、任天堂公式サイトより概要です。

世界中の都市を舞台にした地下鉄シミュレーション!
自分のアイデアを詰め込んだ路線網を構築しましょう!

『Mini Metro』は急速に発展する都市にあわせて、地下鉄の路線網を自分自身で構築する地下鉄シミュレーションゲーム。
都市、地下鉄、駅、利用者。
あなたは路線網を自由に構築することが可能です。駅と駅の間に路線を敷いていくことで、利用者たちは自動的にメトロに乗り、最短経路で移動します。
時間経過とともに都市が成長していくにつれ、利用者も増加していきます。利用者が駅にあふれないように、常に効率的な路線網を組みましょう。
増え続ける利用者の対応にスリルを感じるほどの忙しさ。その中で、自分ならではの路線網を構築する楽しみを感じることでしょう。

<特徴>
・3タイプのゲームモード。ゲームが難しいと感じたら「エンドレスモード」で路線網のいろいろなパターンを試すことが可能です。
・ロンドン、ニューヨーク、大阪、モントリオール、上海など、実在する20の都市をモデルにした地下鉄のシミュレーションを体験してください。
・新しい路線や後続車両、乗換駅など、定期的に獲得できる設備を上手く利用し、より効率的な路線網を構築しましょう。
・最大4人までのローカル協力プレイに対応。
・色覚モードと夜間モードにも対応。

スポンサーリンク

紹介映像

スポンサーリンク