Nintendo Switch用ソフト『みんなでハーツ』が2019年3月21日に配信決定!トランプの「ハーツ」を題材にしたカードゲーム

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Nintendo Switch用ソフト『みんなでハーツ』が、2019年3月21日に配信されることが決定しました。
販売価格は500円(税込)です。

本作は、「みんなで大富豪」のCELLNAVIが開発を手掛ける、トランプの「ハーツ」を題材にしたカードゲームで、オンライン対戦に対応しています。

AIと対戦する「シングルプレイモード」、最大5人でのネット対戦が可能な「マルチプレイモード」、お友達とNintendo Switchを持ち寄って遊ぶ「ローカル通信対戦」の3つのプレイモードがあります。

プレイを盛り上げるオプションは、ハーツの一番の醍醐味である「シュートザムーン」をはじめ、「カード交換」、「ハートブレイク」、「リミット数設定」など全8種類。
一人でも友達とも、ネット上のみんなともハーツで盛り上がりましょう!

■ハーツのルール
3人~5人で遊べるゲームです。
予め設定した上限(リミット)に達するまでラウンドプレイを繰り返し、最後にトータルスコアが一番低かったプレーヤーが勝つゲームです。
ジョーカーは使いません。3人プレイの場合は2♦を除いた51枚、4人プレイの場合は52枚、5人プレイの場合は2♣と2♦を除いた50枚で開始します。
各プレーヤーはカードを1枚ずつ出し、一番強い数字だった人が場に出されたカードを全て取得します。
この時、ハートのカードは1枚「-1点」としてペナルティ計算をし、スペードの12は「-13点」で計算をします。
それ以外のカードは基本的に「0点」で計算します。

公式サイトもあるので、より多く情報はこちらからチェックしてみてください。
みんなでハーツ 公式サイト
みんなでハーツ 配信ページ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク