會津さん「何か『マイティガンヴォルト バースト』自体にも動きがあるかもしれない。何かあれば今後の発表をチェックしてみてください。」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Steam版『マイティガンヴォルト バースト』が、2019年7月31日に発売されることがAnime Expo 2019のパネルディスカッションで発表されました。

同パネルにはインティ・クリエイツの會津卓也さんが登壇しましたが、『マイティガンヴォルト バースト』の今後の動きについて會津さんは次のように話しました。

「もちろんですね、Steamで『マイティガンヴォルト バースト』が出るということなので、何か『マイティガンヴォルト バースト』自体に動きがあるかもしれないので、その辺りももし発表があれば、ぜひその発表をチェックしてみてください。」

また、「なぜ『ブラスターマスター』をSteamで出そうかと思ったかと言うとですね、Steamにクリエイターズページができたので、これからインティ・クリエイツはSwitchで出したゲームとか3DSで出したゲームとか、どんどんSteamで持っていきたいと思って、その第一弾として『ブラスターマスター』を持っていった形になります。」と、今後のSteam展開についても話しています。

7月31日に発売されるSteam版『マイティガンヴォルト バースト』もその内の一つです。

そして『Dragon Marked For Death』のアップデート予定についても言及。
武器カテゴリが増えるアップデートは7月中に行われる予定。
新ブレイアブルキャラクター(シーフと巫女?)もいて、こちらについては「なるべく涼しくならない内に。暑い内に出せるように頑張る。」とのこと。

スポンサーリンク