『Marvel: Ultimate Alliance 3』は米 Marvel Entertainment監修のもとコーエーテクモゲームスのTeam NINJAブランドが開発を担当!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

本日12月7日に開催された「THE GAME AWARDS 2018」でアナウンスされたNintendo Switch独占タイトル『Marvel: Ultimate Alliance 3: The Black Order』ですが、米Marvel Entertainment監修のもと、コーエーテクモゲームスのTeam NINJAブランドによって開発されていることが発表されました。

日本では任天堂が販売を担当し、2019年に発売される予定です。

以下、コーエーテクモゲームスのプレスリリースより。

Nintendo Switch専用ソフト『MARVEL ULTIMATE ALLIANCE 3: The Black Order』を開発


株式会社コーエーテクモゲームス(本社:神奈川県横浜市、代表取締役社長:鯉沼久史、以下、コーエーテクモゲームス)は、任天堂株式会社より発売となるNintendo Switch™専用ソフト『MARVELULTIMATE ALLIANCE 3: The Black Order』を開発中であることを発表いたしました。

本作は、The Avengers, the Guardians of the Galaxy, the X-MenといったMarvelシリーズキャラクターが多数出演する「MARVEL ULTIMATE ALLIANCE」シリーズ最新作となります。
米MarvelEntertainment監修のもと、コーエーテクモゲームスのTeam NINJAブランドで開発を進めており、Nintendo Switch独占タイトルとして2019年発売予定です。
※Nintendo Switch は任天堂の商標です。
※その他のすべての商標はそれぞれの所有者の商標または登録商標です。
※記載されている内容は発表日現在のものです。その後予告なしに変更する場合がございます。

・タイトル:『MARVEL ULTIMATE ALLIANCE 3: The Black Order』
・対応機種:Nintendo Switch
・発売時期:2019 年
・発売元:任天堂株式会社
©2018 MARVEL
©2018 KOEI TECMO GAMES CO., LTD.

スポンサーリンク