マーベラス「当事業の自社販売部門におきましては、国内ではFate/EXTELLAやシノビリフレが順調なセールスとなりました。」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


マーベラスが、2018年1月31日に「平成30年3月期 第3四半期決算短信」を公式サイトに掲載しました。
その中で、Switchや3DSのソフトの売上について言及しています。

②コンシューマ事業
当事業の自社販売部門におきましては、国内では、平成29年7月20日に「Fate/EXTELLA(フェイト/エクステラ)」(Nintendo Switch)を、同11月29日に「シノビリフレ -SENRAN KAGURA-」(Nintendo Switchダウンロード専売)を、同12月14日に「牧場物語 ふたごの村+」(ニンテンドー3DS)を発売し、それぞれ順調なセールスとなったことに加え、旧作のリピート販売等が好調に推移いたしました。また、海外におきましては、当社主力シリーズの北米・欧州等への展開を行い、好調に推移いたしました。

アミューズメント部門におきましては、前期より好評稼働中の「ポケモンガオーレ」が引き続き好調に推移したことに加え、新機軸のプライズマシンである「TRYPOD」を平成29年11月より出荷開始し、好評を頂いております。
この結果、当事業の売上高は5,839百万円(前年同期比10.1%減)、セグメント利益は1,608百万円(前年同期比34.4%増)となりました。

Nintendo Switchのソフトでは、昨年7月29日に発売された『Fate/EXTELLA』や、11月29日に発売された『シノビリフレ -SENRAN KAGURA-』が順調なセールスだったとのことです。
また、3DSの『牧場物語 ふたごの村+』も順調なセールスとなりました。

『シノビリフレ 閃乱カグラ』についてはプロデューサーの高木謙一郎氏がTwitterで、「飛鳥」と「雪泉」のダウンロード本数が5万本を突破したことを先月発表していて、2017年のSwitch年間ダウンロードランキングでは3位に入る人気作となっています。
※実際は見間違えで、もっと本数出ていたとのこと。

Fate/EXTELLA - Switch
Fate/EXTELLA – Switch

posted with amazlet at 18.02.01
マーベラス (2017-07-20)
売り上げランキング: 839

スポンサーリンク