Nintendo Switch版『まりさとアリスのトラップタワー』が「Play,Doujin!例大祭出張所」に展示決定!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Nintendo Switch版『まりさとアリスのトラップタワー』が、5月6日に開催される第十五回博麗神社例大祭「Play,Doujin!例大祭出張所」に展示されることが発表されました。

情報源:“Play,Doujin!” Blog

本作は、東方Projectファンゲームとして同人サークル”ですのや☆”によって制作された、ステージクリア型の2Dパズルアクションゲームです。

<ストーリー>
主役は、魔法使いの少女魔理沙とアリス。
二人が紅魔館の大図書館へ気ままに本を借りに行くと、そこに待ち構えていたのはパチュリーと…何故かにとり。
本を借りていくには二人が建てた罠が満載のトラップタワーを攻略しなければならない!
というわけで魔理沙とアリスは気楽にタワー攻略に挑んでいきます。
二人を上手く切り替えながら、たくさん本をゲットしてください!

タイトルの「トラップタワー」の通り、罠だらけの塔が舞台となっていて、トラップ満載の塔を魔理沙とアリスの2人で協力してクリアしていくことになります。

残機制が廃止されているのでアクションゲーム初心者でも楽しめるのはもちろん、クリアタイムやアイテム収集などのやりこみ要素も満載で、誰でもじっくりと楽しめる作品になっています。

『まりさとアリスのトラップタワー』は、PC&PS4向けとして配信中です。
Switch版については、正式に発売決定なのかどうかなど詳細は明らかにされていません。

スポンサーリンク

紹介映像

©上海アリス幻樂団
©Mediascape Co., Ltd. / ですのや☆

スポンサーリンク