Switch版『The Outer Worlds』が海外向けとして発表!シングルプレイヤー用の一人称視点によるSF RPG

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Nintendo Switch版『The Outer Worlds』が、海外向けとして発売されることがパブリッシャーのPrivate DivisionとデベロッパーのObsidian Entertainmentから発表されました。
Switch版は10月25日に発売予定のPS4&Xbox One&PCバージョンのリリース後に提供される予定で、Virtuosによって移植されます。

本作は、Obsidian EntertainmentとPrivate Divisionがお届けする、シングルプレイヤー用の一人称視点によるSF RPGです。
下記に概要があるので、詳しくはそちらをチェックしてみてください。

以下、Steamの商品紹介ページより本作の概要です。

※The Outer Worldsは他の限定デジタルPCプラットフォーム上で発売されてから1年後にSteamでリリースされます。

The Outer WorldsはObsidian EntertainmentとPrivate Divisionがお届けする、一人称視点の新しいSF RPGです。

The Outer Worldsでは、銀河の最果てに位置する、地球から最も離れたコロニーである「Halcyon」へ向かう入植者の船でコールドスリープから目覚めたプレイヤーが、コロニーの破壊を目論む巨大な陰謀に巻き込まれます。宇宙の辺境を探索しながら、覇権を狙う様々な勢力と出会う中で、プレイヤーが作り上げていくキャラクターが物語の展開に影響を及ぼします。コロニーのために企業が用意した方程式の中で、プレイヤーは想定外の変数となり、物語を導いていくのです。

主な特徴:
■プレイヤーが導くストーリーRPG:Obsidianのゲームらしく、The Outer Worldsの世界にどう挑むかはプレイヤー次第です。プレイヤーの選択は物語の展開を変化させるだけでなく、キャラクターの特性や仲間の物語、そしてエンディングにも影響します。

■欠点が生かせる世界:欠点はThe Outer Worldsで導入される新しい概念です。欠点があるからこそ、魅力的なヒーローとなるのです。The Outer Worldsではゲーム中にプレイヤーの体験がトラッキングされ、何が不得手なのかが記録されます。例えば、Raptidonの攻撃を避けるのが苦手だとしましょう。Raptidon恐怖症という欠点ができることで、この獰猛なクリーチャーと戦う時には不利になりますが、その代償にキャラクターのパークを追加で得ることができます。このような自由選択のアプローチにより、Halcyonを探索しながらプレイヤーが求めるキャラクターを育成していくことができます。

■仲間を率いる:地球から最も離れたコロニーを旅する途中、あなたのクルーとなることを希望する多くのキャラクターに出会うでしょう。仲間はそれぞれユニークなアビリティを持つと同時に、自らの使命や動機、理想なども持っています。彼らの目的の達成に協力するか、自分の目的のために利用するかはプレイヤー次第です。

■企業のコロニーを探索:Halcyonは銀河の外縁に位置するコロニーで、ある企業の重役たちによって支配されています。コロニーのあらゆるものが彼らによって支配されています……でも、コロニーの2つの惑星のテラフォーミングが計画通りに行かなかったために残されたモンスターにまでには、その力も及びません。宇宙船を手に入れてクルーを集め、集落や宇宙ステーションなど、Halcyonに存在する興味深いロケーションを探索していきましょう。

スポンサーリンク