『Lost Ember』の国内配信日が2019年11月22日に決定!狼となって大自然を駆ける三人称視点のアドベンチャーゲーム

スポンサーリンク


PS4&Xbox One&PC用ソフト『Lost Ember (ロスト・アンバー)』の国内配信日が、海外と同日の11月22日に決定したことがパブリッシャーのGameTomoから発表されました。
Nintendo Switch版に関しては、後日のリリースになるとのこと。

本作は、狼となって大自然を駆ける三人称視点のアドベンチャーゲームです。

主人公が狼という点で『ゼルダの伝説 トワイライトプリンセス』や『大神』から影響を受けたと開発者は話しましたが、最も影響を受けたのは『風ノ旅ビト』だそう。
ゲームを遊んでいるとリラックスした気持ちになるデザインや感情の伝え方など、多くの点で開発の参考にしたと述べています。
(Automatonより)

以下、Steamの商品紹介ページより本作の概要です。
日本語公式サイトもあるので、あわせてチェックしてみてください。

オオカミとして駆けよう。息をのむほど美しい世界を。
神秘的な能力「魂替え」で他の動物に姿を変えるたび、世界は新しい表情を見せる。
オオカミに連れ添う謎の魂と共に、過ぎ去ったロスト・エンバーの物語を追いかけ、二人の秘められた過去と運命を解き明かそう。

あなたは1匹のオオカミとして大いなる地に降り立つ。
古代人が残した足跡を辿り、世界を破滅へと導いた忠誠と裏切りの物語を明らかにしよう。
パートナーとして旅を共にするのは、前世を古代人として生きた魂。
人類が残した爪痕から蘇りつつある世界で、隠された記憶をオオカミと一緒に紐解いていく。二人の過去に秘められた真実とは・・・

オオカミに備わる神秘的な「魂替え」の能力が、他の動物へと姿を変える力を与えてくれる。
様々な動物の視点で世界に目を向け、各地に散らばった宝物や記憶に繋がる道を発見しよう。