ホラーゲーム『Layers of Fear Legacy』の開発者インタビューがファミ通.comに掲載!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

先日Nintendo Switchで発売されることが発表された、一人称視点のホラーゲーム『Layers of Fear Legacy』の開発者インタビューがファミ通.comに掲載されました。
本作を開発しているのが、ポーランドのゲームスタジオ・Bloober Teamです。

Nintendo Switch版のリリースを決意した理由と、Switchならではの魅力についてBloober Teamは以下のように述べています。

『レイヤーズ・オブ・フィアー:レガシー』“没入感”とNintendo Switchは相性がいい
一方で、今回Bloober Teamが東京ゲームショウ2017に持ち込んだもう1本、『レイヤーズ・オブ・フィアー:レガシー』に関しては、なぜ、Nintendo Switch版のリリースを決意したか聞いてみると、「私たちは、まず第一に任天堂のゲーム機を愛しています。昔から」とレキェッチ氏はきっぱり。
さらに、「Nintendo Switchのモーションコントロールや振動などによって、以前にはできなかったことができるいようになります」(レキェッチ氏)と、機能面でも魅力に感じているという。

「ゲーム中の世界とインタラクションするときに、現実的に物が動いたり、触れたりするような感覚が味わえる。本作にはドアを開いたり、物を動かしたりといった要素が多く、ゲーム中で手を動かしてみると、Joy-Conだとより現実感がある。それによって没入感がさらに高まり、より怖いゲームになるわけです」とレキェッチ氏。

プレゼンの最初にレキェッチ氏は、ホラーゲームを作る指針として、“雰囲気”と“没入感”を挙げていたが、まさにホラーゲームを作るうえで大切な要素のひとつである“没入感”を高めるうえで、Nintendo Switchは極めて相性がいいというわけだ。
そのうえで、レキェッチ氏は「Nintendo Switchにはまだホラーがあまりないので、いいホラーゲームをNintendo Switchに出したいという狙いもあります」というから、「ああ、たしかに!」といったところだ。
出典:ファミ通.com

発売時期については「開発は年内で終わると思います。あとはパブリッシャーしだいですね。できれば来年の第1四半期には出したいです」と話していることから、パブリッシャー探しがうまくいけば来年の早い時期に配信されるかもしれませんね。

ちなみに、本作に関しては『Layers of Fear』というタイトルでPS4、Xbox One、PC向けにリリースされていて、国内では日本語版も配信されています。
紹介映像を掲載しておきますので、興味のある方はチェックしてみてください。

バイオハザード リベレーションズ コレクション
バイオハザード リベレーションズ コレクション