テレビアニメ『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』の第1弾 PVが公開!さらにSwitch版の情報も公開。初回特典はファミコレACT「ゆーののだいぼうけん (仮称)」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


名作アドベンチャーのリメイク版『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』を原作とするテレビシリーズアニメーション(アニメ制作スタジオ:feel.)が、2019年4月より放送開始となることが株式会社ジェンコからアナウンスされました。

合わせてNintendo Switch版の情報が公開されています。
発売日は2019年春で、価格は未定。
初回特典として、ファミコレACT「ゆーののだいぼうけん (仮称)」が付属します。

Switch版『STEINS;GATE ELITE』に付属した8bitファミコン風ゲーム『ファミコレADV』のYU-NO版になります。

YU-NOではジャンルがADV(アドベンチャー)からACT(アクション)に一新されたとのこと。
詳しいゲーム内容は、今後発表されるはずです。

以下、アニメ版の概要と第1弾 PVです。

概要

◆「この世の果てで恋を唄う少女YU-NO」とは
数多くの名作アドベンチャーゲームを世に送り出したゲームデザイナー・シナリオライター 故・菅野ひろゆき氏の代表作の一つ。
1996年にPC版、1997年にセガサターン版、2000年にWindows版、
そして2017年にフルリメイクされたPS4/PS Vita版が発売されたNintendo Switch™での発売も予定されている『SFアドベンチャーゲーム』。
無数に存在すると言われる並列世界を渡り歩き、隠された謎を解き明かす。
複雑難解な分岐した並列世界をマップにし、視覚的に分かりやすく援助するシステム“A.D.M.S”(アダムス、オート分岐マッピング・システム)の採用が特徴。

◆ゲームストーリー
主人公・有馬たくやは幼少期に母を亡くし、歴史学者である父も二ヶ月前に事故で亡くしてしまった。
全てにおいて活力を失ってしまった高校生最後の夏休み。
ある日、用途不明の丸い鏡とガラス玉のはまった妙な物体が入った小包が届けられる。
同梱されていた手紙には父親が生きていると思わせる内容が…?!
「今夜10時に、この物体を持って剣ノ岬(三角山)へ行け」
指示に従いその場へ向かうと、謎の女性が倒れていた。
そこには学園長と謎の転校生の姿も。
瞬間、地響きとともに光に包まれる…。並列世界を駆け巡る旅が、今、始まる。

◆スタッフ
原作:菅野ひろゆき/MAGES.
監督:平川哲生
キャラクターデザイン:大塚舞
美術背景:ととにゃん
音響監督:たなかかずや
音楽:ヨナオケイシ/高見龍
オープニング・エンディングテーマ 作詞・作曲:志倉千代丸
アニメーション制作:feel.
プロデュース:GENCO

◆キャスト
有馬たくや:林勇
島津澪:釘宮理恵
波多乃神奈:内田真礼
ユーノ:小澤亜李

◆アニメ公式サイト
http://yuno-anime.com

第1弾 PV

©MAGES./5pb.
©MAGES./5pb./GENCO

スポンサーリンク