Switch版『恋する乙女と守護の楯~薔薇の聖母~』が2019年12月19日に配信決定!ハイテンション女装ラブコメアクションの続編!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Nintendo Switch版『恋する乙女と守護の楯~薔薇の聖母~』が、2019年12月19日に配信されることが決定しました。
販売価格は6,050円(税込)ですが、2019年12月18日 23:59までは割引価格の5,500円(税込)で購入することができます。

本作は、ゲームブランドAXLからPC向けとしてリリースされた、ハイテンション女装ラブコメアクション『恋する乙女と守護の楯』の続編です。
PS4とPSVitaでも12月19日に同時発売されますが、Switchでもリリースされることになりました。

本日より体験版も配信開始となっているので、気になる方は体験版からプレイしてみましょう。

以下、任天堂公式サイトより本作の概要です。
より多くの詳細は、エンターグラムの公式サイトをチェックしてみてください。

ハイテンション女装ラブコメアクション、第二弾!

シールド9こと如月修史は、セント・テレジア事件を無事に乗り切った功績が高く評価され、
アイギス内で確固たる立場を築いていた。
「女装潜入担当」として。
その後も複数回の潜入を繰り返し、修史は疲れ果てて
アイギスを辞めることすら考えるようになっていた。そんな折り。

「部長っ! もう女装案件はイヤだっていいましたよね!」
「ごめんっ! もう引き受けちゃったんだよ! 今度、今度が最後だから! さきっちょだけだから!」

怒ってみても育ての親である部長に頼まれてはイヤとは言えず、
これが最後という約束で向かったのは、セント・テレジアを彷彿とさせるお嬢様学校だった。

「今回の任務だが、君には、この学校で生徒会長に立候補し、勝利して貰いたい」
「はああっ!?」
「なお、工作員が数名、先に潜入してるが任務の性格上教えることは出来ない。健闘を祈る」

サポート無しで超お嬢様学校に転入し、2ヶ月後に迫った生徒会長選挙に立候補して、
見事会長とならねばならないという無茶ぶり。
しかも仲間はいるらしいが教えて貰えない。
無理難題にも程があるというしかなかった。

その背後にあるのは、お嬢様学園の生徒会長になった者を殺す、という予告犯の存在。
更には、学園関係者の娘の集まる「淑女同盟」と自治組織「学園委員会」の対立。
その影には学園の伝統の名の下に行われている悪事と二重の罠の存在が……
如月修史は生徒会長となって、もつれた糸を解きほぐすことが出来るのか?

「必ず君を守る。だから、俺を……信じてくれ」

©AIGIS/ENTERGRAM