『KnifeBoy』がNintendo Switchに対応決定!覆面闘士やダークソウルから影響を受けた得たメトロイドヴァニアスタイルの2Dアクションゲーム

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PS4&Xbox One&PC向けとして開発が進められている『KnifeBoy』が、Nintendo Switchに対応することが本日放送されたKinda Funny Gamesのライブイベントでアナウンスされました。
2019年 Q2のリリースを目指して開発が進められています。

本作は、Guacamelee(覆面闘士)、Axiom Verge、ダークソウルからインスピレーションを得たメトロイドヴァニアスタイルの2Dアクションゲームで、ユニークなグラフィカルデザインの「Early Age Steampunk-Universe」に設定されたLight-RPGの良さとユーモアが魅力です。
KnifeBoyは地獄から復帰し、最初に彼をそこに置いた人に復讐を捧げる物語が描かれています。

トレーラーでも確認できる、不気味なキャラクターデザインにも注目です。

<特徴>
●ユニークなアート
●昼と夜のサイクル
●8つのレベル+「オープンワールド」+隠れたレベル
●挑戦アリーナ「スローターホール」
●ボスとの戦い
●コレクターグッズ
●陰謀 – モンスター・ハンター・アイズサイドクエスト
●多様な敵のキャスト

大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL オフィシャルガイド
KADOKAWA (2019-01-25)
売り上げランキング: 412

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする