任天堂が決算短信等を2020年1月30日に公開。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今日2020年1月30日に、任天堂が「2020年3月期 第3四半期 決算短信」等を公式サイトに掲載しました。

まとめる時間がないため、今回はリンクのみ。
下記からチェックことができます。

任天堂公式サイト
ゲーム専用機販売実績はこちら

【更新】
2019年12月末時点で、世界中のSwitch本体の販売数量は5,248万台となり、ソフトは3億1,065万本を販売しました。
当第3四半期(2019年4月~12月)の状況は、ハードウェアの販売台数は1,774万台(前年同期比22.5%増)、ソフトウェアの販売本数は1億2,313万本(前年同期比30.1%増)となりました。

また、上記の状況を踏まえて2019年4月から2020年3月までのSwitch本体 販売台数予想を1800万台から1950万台に修正してます。

販売台数については、2000万台はかたいという声もあるようです。
(Takashi Mochizukiさんのツイートより)

それと、一応当期ミリオンセラー自社タイトルだけ紹介します。

当期ミリオンセラー自社タイトル
FY3/2020 (19.4〜19.12)

【Nintendo Switch】
●ポケットモンスター ソード・シールド
国内421万本、海外1,185万本、合計1,606万本 累計1,606万本

●マリオカート8 デラックス
国内68万本、海外559万本、合計627万本 累計2,296万本

●ルイージマンション3
国内73万本、海外465万本、合計537万本 累計537万本

●スーパー マリオメーカー2
国内112万本、海外392万本、合計504万本 累計504万本

●ゼルダの伝説 夢を見る島
国内42万本、海外377万本、合計419万本 累計419万本

●大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL
国内69万本、海外318万本、合計387万本 累計1,768万本

●ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド
国内35万本、海外321万本、合計356万本 累計1,634万本

●スーパー マリオパーティ
国内46万本、海外226万本、合計272万本 累計912万本

●ファイアーエムブレム 風花雪月
国内53万本、海外204万本、合計258万本 累計258万本

●New スーパーマリオブラザーズU デラックス
国内26万本、海外228万本、合計254万本 累計585万本

●リングフィットアドベンチャー
国内63万本、海外154万本、合計217万本 累計217万本

●スーパー マリオオデッセイ
国内16万本、海外199万本、合計215万本 累計1,659万本

●ポケットモンスター Let’sGo!ピカチュウ・Let’sGo!イーブイ
国内12万本、海外100万本、合計113万本 累計1,176万本

●Splatoon 2
国内34万本、海外76万本、合計110万本 累計981万本

●ASTRAL CHAIN
国内16万本、海外97万本、合計103万本 累計103万本

●MARVEL ULTIMATE ALLIANCE 3: The Black Order
国内4万本、海外98万本、合計102万本 累計102万本

(注)ハードウェアに同梱して販売している数量も含めています。ダウンロード版の数量も含めています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク