任天堂が決算短信等を2019年1月31日に公開。平成30年4月~9月における本体の販売台数は507万台、ソフトの販売本数は4,213万本!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今日2019年1月31日に、任天堂が「平成31年3月期 第3四半期 決算短信」等を公式サイトに掲載しました。

以下、任天堂公式サイトより概要です。

Nintendo Switch Joy-Con (L) / (R) グレー
任天堂 (2017-03-03)
売り上げランキング: 50

■1.当四半期決算に関する定性的情報
(1)連結経営成績に関する説明
当第3四半期(平成30年4月~12月)の状況は、Nintendo Switchでは、10月に発売した『スーパーマリオパーティ』が530万本、11月に発売した『ポケットモンスターLet’s Go! ピカチュウ・Let’s Go! イーブイ』が1,000万本、12月に発売した『大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL』が1,208万本の販売を記録する大ヒットとなり、プラットフォームの活性化に貢献しました。

加えて、これら以外のタイトルやソフトメーカー様のタイトルも順調に販売数を伸ばし、当期のミリオンセラータイトル数はソフトメーカー様のタイトルを含めて20タイトルとなりました。
年末商戦ではソフトウェアによるハードウェア販売の大きな牽引も見られ、その結果ハードウェアの販売台数は1,449万台(前年同期比19.5%増)、ソフトウェアの販売本数は9,464万本(前年同期比100.9%増)となりました。

一方、発売から8年目を迎えたニンテンドー3DSでは、ハードウェアの販売台数は231万台(前年同期比60.5%減)、ソフトウェアの販売本数は1,108万本(前年同期比64.5%減)となりました。その他、「ニンテンドークラシックミニファミリーコンピュータ」および「ニンテンドークラシックミニスーパーファミコン」が合計583万台の販売となりました。

ゲーム専用機におけるデジタルビジネスでは、主にNintendo Switchのパッケージ併売ソフトや追加コンテンツ等による売上が順調に伸び、デジタル売上高は842億円(前年同期比95.1%増)となりました。
スマートデバイスビジネスでは、当期に配信を開始した『ドラガリアロスト』をはじめ、配信済みのアプリも国内外で多くのお客様に楽しんでいただいており、スマートデバイス・IP関連収入等の売上高は333億円(前年同期比14.7%増)となりました。

これらの状況により、売上高は9,972億円(うち、海外売上高7,749億円、海外売上比率77.7%)、営業利益は
2,200億円、経常利益は2,402億円、親会社株主に帰属する四半期純利益は1,687億円となりました。

(2)連結業績予想に関する説明
Nintendo Switchでは1月に『New スーパーマリオブラザーズU デラックス』を、3月に『ヨッシークラフトワールド』
を発売するほか、ソフトメーカー様からも有力タイトルの発売を予定しています。新規タイトルに加え、発売済みの人気
タイトルの販売を強化することで、プラットフォームの普及拡大を目指します。
ニンテンドー3DSについては、引き続き、ハードウェアの普及基盤と、豊富なソフトウェアラインアップを活かし、定
番タイトルの販売拡大に努めます。

スマートデバイスビジネスでは、当期中に『Mario Kart Tour』を配信する計画でしたが、アプリの品質向上および配
信後のサービス内容拡充のため、2019年夏に配信を延期しました。今後配信予定のアプリの開発に努めるとともに、これ
までに配信したアプリも含め、より多くのお客様に継続して楽しんでいただけるようサービス運営に注力していきます。
なお、第3四半期までの販売状況および今後の見通しを踏まえ、Nintendo Switchおよびニンテンドー3DSの予想販売数
量を見直しました。詳細については8ページ「3.補足情報(4)連結販売数量及びタイトル数」でご確認ください。
当期の業績予想については、平成30年4月26日に公表しました業績予想からの変更はありません。

<ゲーム専用機販売実績はこちら>


●総括
平成30年4月~12月におけるSwitch本体の販売台数は、1,449万台(前年同期比19.5%増)でした。

Switchソフト売上は、9,464万本(前年同期比100.9%増)でした。
本体が普及したということもあり、前年から大幅に販売本数が増しています。

当期ミリオンセラー自社タイトル

(2018年4月~2018年12月)

【Nintendo Switch】
●大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL 大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL
国内317万本、海外892万本、合計1,208万本 累計1,208万本
●『ポケットモンスターLet’s Go! ピカチュウ・Let’s Go! イーブイ
国内185万本、海外816万本、合計1,000万本 累計1,000万本
●マリオカート8 デラックス
国内71万本、海外509万本、合計580万本 累計1,502万本
●スーパーマリオパーティ
国内105万本、海外425万本、合計530万本 累計530万本
●スーパーマリオ オデッセイ
国内29万本、海外303万本、合計335万本 累計1,376万本
●ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド
国内37万本、海外284万本、合計321万本 累計1,168万本
●マリオテニス エース
国内52万本、海外200万本、合計253万本 累計253万本
●Splatoon2
国内72万本、海外153万本、合計225万本 累計827万本
●ドンキーコング トロピカルフリーズ
国内28万本、海外179万本、合計208万本 累計208万本
●星のカービィ スターアライズ
国内33万本、海外83万本、合計116万本 累計242万本
●OCTOPATH TRAVELER
国内-万本、海外108万本、合計108万本 累計108万本
●Nintendo Labo Toy-Con 01:Variety Kit
国内32万本、海外74万本、合計106万本 累計106万本
●進め!キノピオ隊長
国内23万本、海外83万本、合計105万本 累計105万本

2018年12月末時点のその他の主要タイトル販売実績は、任天堂公式サイトからご確認できます。
主要タイトル販売実績

主要製品発売スケジュール (マリオカート8 デラック~)

▼任天堂

▼サードパーティ
※日本⇒米国⇒欧州の順番。


なお、スマートフォン向けアプリ『マリオカート ツアー』は、アプリの品質向上および配信後のサービス内容拡充のため、配信予定日が2019年夏に延期となっています。

情報源:任天堂公式サイト

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク