Switch版『完全爆弾解除マニュアル:Keep Talking and Nobody Explodes』が2月28日より配信開始!マルチプレイに対応した爆弾解除シミュレーターゲーム

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Nintendo Switch版『完全爆弾解除マニュアル:Keep Talking and Nobody Explodes』が、2019年2月28日より配信開始となりました。
販売価格は1,580円(税込)です。

なお、Switch版の配信に合わせてPC(Steam)版も同時期に日本語アップデートされる予定です。
詳細なアップデート時期は、あらためてお知らせがあります。

本作は、部屋に閉じ込められた主人公になって爆弾の解除を目指すパズルゲームです。
さらにもう一人プレイヤーがいて、爆弾のマニュアルを元に解体役のプレイヤーに指示を出すことになります。
※指示役は複数のプレイヤーが担当することも可能です。
※マニュアルは、紙に印刷したりスマートフォンに表示させたりして用意します。

・日本語版 マニュアル:http://www.bombmanual.com/ja/

以下、任天堂公式サイトより本作の概要です。

「こちら、爆弾を発見した。指示を求む。」「了解。まず、爆弾に繋がっているワイヤーは何本だ?」

『完全爆弾解除マニュアル:Keep Talking and Nobody Explodes』は、2人以上で会話をしながら爆弾解除にチャレンジする独特なシミュレーターゲーム!
あなたたちは爆弾を解除する「処理担当者」、もしくは、その解除を指示する「分析担当者」のどちらかになって爆弾処理の任務を遂行せねばならない。

「処理担当者」は現場にある爆弾を取り扱う。
爆弾には<モジュール>と呼ばれる装置がいくつか取り付けられている。分析担当者にモジュールの特徴を伝え、その正しい解除方法を見つけ出そう!

「分析担当者」は爆弾の解除方法を現場に伝える。
まず、手元にある<爆弾解除マニュアル>を見ながら、処理担当者の情報から爆弾に仕掛けられたモジュールを特定する。そして、その解除方法を正確に現場へと伝えるのだ!

任務で最も重要なことは情報のやり取り。
そう、「Keep Talking(話し続けること)」だ。

<ゲームの特徴>
◆「処理担当者」と「分析担当者」
 このゲームは2つの役に分かれて爆弾解除を行う。
 処理担当者は、ゲーム画面内の爆弾を見て操作できるが、
 その解除方法が書かれたマニュアルを読むことはできない。
 分析担当者は、ゲーム内の爆弾を見ることはできないが、
 すべての爆弾解除の方法が書かれたマニュアルを読める。
 お互いを繋ぐ「会話」こそが、爆弾解除の唯一の手段なのだ!

◆2つのゲームモード
 ノーマルモードでは、ステージごとに用意された爆弾を処理する。
 ステージが進むごとに徐々に難易度があがっていくぞ。
 フリーモードでは、解除する爆弾をカスタマイズすることができる。
 モジュールの数を増やしたり、制限時間を減らしたりして、
 自分たちの好きな任務を作ってチャレンジしてみよう!

スポンサーリンク