Nintendo Switch版『Jungle Z』が2019年4月8日に配信決定!世界規模で発生したパンデミックから生き残るゾンビサバイバルゲーム

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Nintendo Switch版『Jungle Z』が、2019年4月8日に配信されることが台湾のゲーム会社Rising Win Tech.からアナウンスされました。
販売価格は発表されていません。

<紹介映像>

本作は、PC向けとして2019年より配信が開始された、世界規模で発生したパンデミックから生き残るゾンビサバイバルゲームです。

始まりはある日の午後。
兄妹の二人は郊外でキャンプをし、穏やかな時間を過ごしているうちに、突然にゾンビに襲われ、逃げるうちに全く知らない場所に行ってしまいました。

ゲームの目的は、ゾンビがあふれるキャンプ場でできるだけ長い時間生き延びることです。
お兄さんか妹かどちらを選んで、ゾンビを倒しながら物資や武器を集め、安全な場所を探しサバイバル生活していきます。

違うステージから食材、水、医療用品、武器、装備、資材など様々な道具を手に入れますが、カバンの容量は限られており、一定の物資しか入ることはできません。
どれを選ぶか‥‥命に関わる選択になるでしょう。

ゾンビは周囲を認識する聴覚能力があり、足音、探索、射撃、攻撃などに反応するので慎重に行動する必要があります。
逆に、ステルスモードを使ってこっそりとゾンビを倒すこともできます。
また、人間ゾンビ以外に感染により巨大化したゾンビなどもいるので気が抜けません。

夜になると危険は増します。
ゾンビは強化され、視界が悪い中で戦わないといけません。
『マインクラフト』のように昼の内に拠点の施設を強化して、ゾンビに対抗する必要があります。

他の生存者と物資を交換し、仲間にすることもできます。
しかし注意してください。
彼らはあなたのパートナーかもしれませんが、すべての生存者が友好的というわけではありません。

もし飢え、渇き、他の生存者やゾンビから攻撃されて死亡した場合には、別の場所で生まれ変わります。
毎回違う地図から再生するので、全く新しい体験をすることができます。

情報源:Rising Win Tech
(C)Rising Win Tech. CO., LTD


バイオハザード オリジンズコレクション -Switch
カプコン (2019-05-23)
売り上げランキング: 1,200