Switch版『ISLAND』が2021年4月8日に発売決定!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Nintendo Switch版『ISLAND』が、2021年4月8日に発売されることが今日発売の「週刊ファミ通 2021年1月28日号」でアナウンスされました。
価格はパッケージ版が5,900円(税抜)、ダウンロード版が5,636円(税抜)に設定されています。

本作は、フロントウイングから2016年4月28日にWindows PC向けとして発売された、全年齢向けのアドベンチャーゲームです。
現在はSteamでも利用可能なほか、プロトタイプからはPSVitaPS4版も発売されました。

移植となるSwitch版には、PSVita版でビジュアルノベル化された「明日、わたしは――」のエピソードが本編終了後のおまけとして収録されています。

以下、Steamの商品紹介ページから本作の概要とPS4版のオープニング映像です。

浦島に流れ着いた記憶喪失の青年・三千界切那。
誰かを救うという思いを抱え、島の因習に縛られる少女たちを救い未来を変えようとする、島の因習に抗ううちに、島の歴史をめぐる壮大な謎が明らかになっていく。

「ISLAND」は『ジブリールシリーズ』の原画“空中幼彩”、『ひまわり』シナリオを手掛けた“ごぉ”が送るビジュアルノベルです。

【ストーリー】
本土より遠く離れた南の島、“浦島”。
そこは豊かな自然に恵まれた、まさに楽園。

「いつまでも――こんな時間が続けばいいのに」

しかし複雑な過去を抱え込んだこの島は、歴史から静かに消え去ろうとしていた。
島の風土病“煤紋《ばいもん》病”による本土との確執。
放棄され廃墟と化した“海上ステーション”。
五年前に“浦島御三家”を襲った三つの事件。
子供たちの間でまことしやかに囁かれる“神隠し”の噂。
そして、島に残された古の“伝承”――。

「お話ししましょう。
 この島に伝わる、悲恋物語を――」

島を救う鍵となるのは、
御三家に属する“三人の少女”たち。
しかし彼女らにはまだ、島の行く末を変える力はない。

「この島はもう終わりだよ。救われっこねー」

そんな島に、一人の青年が流れ着く。

「……――今は、何年だ?」

未来から来たと主張するその青年は、島の因習なんぞくそ食らえとばかりに、未来を変えるために孤軍奮闘し始める。

「待たせたな、俺が来たからにはもう大丈夫だ!」

だが彼には、別の目的があった。
果たして三人の少女たちは、この島は、世界は、彼によってどう変えられていくのか――。