『Infected Maze / 感染メイズ』がSwitch向けとして発売決定!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


『Infected Maze / 感染メイズ』が、Nintendo Switch向けとして発売されることが本日放送された「INDIE Live Expo 2020」でアナウンスされました。

本作は、日本の病院を舞台としたゾンビFPSゲームです。
地下で助けを求める妹を助けに向かうために、ランダムに生成された迷路のような病院を探索していくのが目的になります。

以下、Steamの商品紹介ページから本作の概要です。

感染メイズは日本の病院を舞台としたゾンビFPSゲームです。ランダムに生成された迷路のような病院を、地下で助けを求める妹を助けに向かいます。
病院の中にはゾンビがたくさんいます。銃でゾンビを倒したり、時には隠れながら進みましょう。

ある日の夜、看護師の妹の咲からスマートフォンに助けを求めるメッセージが届いた。妹の勤務する病院に駆けつけると、そこにはおかしくなってしまった人たちがいた。プレーヤーは妹を探すため、地下の病院を探索する。

=====
本作品は、本来はアーリーアクセスとして公開される予定でしたが、私の手違いにより、製品版としてリリースされてしまいました。
従って、これからもアップデートがされ、ゲーム内容は変わっていく予定です。
現在予定されているアップデートの内容は、以下のようになっております。

プレーヤーの速度をもっと速くします。数日で調整する予定です。(2020/05/31時点) -> 完了。ただしゲームバランスを調整中。(2020/06/03)
近接武器を追加します。現在は銃のみです。より緊張感のあるゲームプレイとなる予定です。こちらは数週間はかかる予定です。(2020/05/31時点)
現在のノーマルモードに加え、ハードモードが追加される予定です。
道中が単調になるのを避けるため、敵の攻撃やイベントを追加するかもしれません。こちらは不確定事項です。

=====
一人称のシューティング(FPS)
ゾンビに追い詰められてしまっても、焦らずに頭を正確に狙い撃ち、危機を脱出しましょう。

ステルス要素
倒すべきと敵と避けるべき敵を見極めましょう。弾数節約と危険回避のため、敵を隠れてやり過ごすという判断も必要です。体を傾ける「リーン」を活用しましょう。

プレイする度に異なるマップ
マップはランダムに生成されます。1度クリアした後でも新鮮な気持ちでプレイすることができます。