アクションRPG『Indivisible』がNintendo Switchで発売決定!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

以前からNintendo Switchへの対応が検討されていた、アクションRPG『Indivisible』ですが、正式にNintendo Switchで発売されることが分かりました。

Indivisibleの公式サイトでSwitchへの対応が発表されています。
また、Switch版の発売を伝えるトレイラーも公開されています。

『Indivisible』は、スカルガールズのLab Zero Gamesが開発を手掛けるアクションRPGです。

主人公は女の子のAjna(AHZH-na)です。
不思議な力の背後にある真実を発見するため、世界で旅をします。

『Indivisible』は、過去の名作「ヴァルキリープロファイル」や「スーパーメトロイド」といったゲームからインスパイアを受けて制作されています。
ストーリーは、東南アジアや他の世界神話からインスピレーションを受けた興味深いものになっています。

そして、オープニング映像を手掛けるのが日本のアニメスタジオ「TRIGGER」と、アメリカのアニメスタジオ「Titmouse」です。
オープニング映像のメインクリエーターは、「リトルウィッチアカデミア」の監督・キャラクターデザインの吉成曜氏が担当しています。
日本向けのリリースはこちらから閲覧できます。

そしてさらに、「聖剣伝説」シリーズでお馴染みの菊田裕樹さんもプロジェクトに参加しています。
以下、2015年に公開された菊田裕樹さんからのメッセージです。

下記は、菊田裕樹さんが手掛ける『Indivisible』のメインテーマです。

本作はSwitch以外に、PS4/XboxOne/Steam(Win/Mac/Linux)での発売予定もあります。
2018年に全機種同時リリースが予定されています。

Nintendo Switch版は、デジタル版の他にパッケージ版も用意されています。

といった感じで、今回は『Indivisible』を紹介してみました。
主人公の女の子も可愛いですし、日本人受けしそうなゲームですよね。

Switch版が日本でも発売されるのかは分かりませんが、期待したいです。

スポンサーリンク