Switch&PC用ソフト『I Am Dead』の海外発売日が2020年9月から10月8日に延期に!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Nintendo Switch&PC(Steam,Epic Games Store)用ソフト『I Am Dead』の海外発売日が、2020年9月から10月8日に延期になることがパブリッシャーのAnnapurna InteractiveとデベロッパーのHollow PondsおよびRichard Hoggから発表されました。

本作は、『ホホクム』『Wilmot’s Warehouse』のクリエイターによって開発された、魅力的なグラフィックで描かれる死後の世界を舞台に繰り広げられるパズルアドベンチャーゲームです。

以下、Steamの商品紹介ページから本作の概要です。

『ホホクム』、『Wilmot’s Warehouse』の制作を手掛けたクリエイターによる最新タイトル『I Am Dead』は、魅力的なグラフィックで描かれる死後の世界を舞台に繰り広げられるパズルアドベンチャーゲーム。

主人公はこの世を去ったばかりの、シェルマーストンという小さな島の博物館館長モリス・ラプトン。
死後の世界でかつて飼っていた愛犬スパーキーと再会したモリスは、大好きなシェルマーストン島が火山の噴火によって崩壊する寸前であることを知る。

モリスとスパーキーは力を合わせ、シェルマーストン島に隠された古代の謎を解き明かし、島の火山の噴火を食い止め、故郷である島を守らなければならない。

モリスとスパーキーは、シェルマーストン島でさまよっている大勢の島民の幽霊を見つける必要がある。行方のわからない幽霊たちを見つけるため、モリスとスパーキーは幽霊になった島民たちが生きていた時に時間を過ごした場所を訪れ、彼らを誰よりもよく知っている人々の記憶の中に入り込み、彼らの人生の物語を知る必要がある。

モリスは、超自然的なX線のように物の中身や物に込められた想い、人の心の中や思い出を透視できる能力を新たに手に入れ、この超能力を駆使し、与えられた使命を果たすことを目指す。

ゲームを進めるにつれ、シェルマーストン島の歴史や言い伝えに関する物語が次々と明らかになる。さらに興味深い島の住人や島外からやって来た人々が続々と登場する。島に観光に訪れた鳥のフィンチ、魚人間たち、マナティーのような姿の動物モレロス、そして、昔々火山を鎮めた存在として語り継がれているアギーの伝説…さまざまな出会いがあり、あらゆることが解明されていく…。

経由:Nintendo Soup

スポンサーリンク