KADOKAWAより『返校 影集小説』が2021年7月16日に発売決定!

KADOKAWAが、『返校 影集小説』を2021年7月16日に発売することを発表しました。
価格は770円(税込)に設定されています。

本書は、台湾のデベロッパー赤燭遊戲(RedCandleGames)によって開発された1960年代の台湾が舞台の2Dアドベンチャーゲーム『返校 (返校Detention)』の実写ドラマ版をノベライズ化したものです。

概要

・訳: 七海 有紀
・著者: 李 則攸
・著者: 巫尚益
・監修: 公共電視

世界で話題沸騰!台湾発ホラーゲーム「返校」の実写ドラマを完全ノベライズ
台北から金鸞に引っ越してきた劉芸香。転校先は時代錯誤の校則が今なお続いている翠華高校だった。
ある日、立ち入り禁止の涵翠樓で自殺現場を目撃してしまったことから、芸香の運命が変わっていく――。

・ サイズ:文庫判
・総ページ数:336ページ

※掲載している価格等の情報は、2021年06月02日時点のものです。

『返校 影集小説』は、Amazon.co.jp楽天ブックスなどで予約受付中です。

情報源:KADOKAWA