橋本祐介氏がプラチナゲームズを退職。『ベヨネッタ』『スターフォックス ゼロ』などの開発に関わる

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

橋本祐介さんが、プラチナゲームズを退職したことを自身のTwitterで日本語と英語で発表しました。

橋本さんは、これまで『ベヨネッタ』『ベヨネッタ2』『スターフォックス ゼロ』などの開発にプロデューサーやディレクターとして関わってきました。

橋本 祐介(はしもと ゆうすけ)
『ベヨネッタ』プロデューサー

代表作:
PS『バイオハザード3』
PS2『デビル メイ クライ』
GC『バイオハザード』
GC『バイオハザード4』
PS2『GOD HAND』

1997年(株)カプコンに入社。デザイナーとして多数のゲーム開発に従事する。2004年7月にカプコンの開発子会社(当時)のクローバースタジオ(株)に転籍。2006年8月にSEEDS(株)(現プラチナゲームズ(株))に参加し、『ベヨネッタ』のプロデューサーを務める。
http://blog.bayonetta.jp/%E6%A9%8B%E6%9C%AC-%E7%A5%90%E4%BB%8B


ベヨネッタ|オンラインコード版
任天堂 (2018-02-16)
売り上げランキング: 1,062