【更新】Switch版『ハーヴェストグリーン』の発売日が2021年2月4日に決定!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Nintendo Switch版『ハーヴェストグリーン』の発売日が、2021年2月4日(木)に決定したことが株式会社オトムラ(OTOMURA SOFT)からアナウンスされました。
販売価格は1,320円(税込)に設定されています。

予約受付は1月28日(木)から始まり、2月3日(水)までは予約価格25%OFFで購入することができます。

『ハーヴェストグリーン』は、PCやスマートフォン向けとしてリリースされている、やりこみ系の経営シミュレーションゲームです。

以下、任天堂公式サイトから本作の概要です。

育てて育てて売りまくる!
和み系農家経営シミュレーションゲーム!

プレイヤーは農業を学びにきた少女ミンティとなり、毎日畑いじりに精を出します。
畑にはジャガイモやニンジンといった野菜、イチゴや蜜柑などの果物、そして色とりどりのお花…様々な作物を育てることができます。
自分好みの作物を育て、収穫物を売り、お金を稼ぎ、よりたくさんの作物を育てていきましょう。
やがて畑は広大な土地となり、たくさんの実りを迎えるはずです。
ハーヴェストグリーンは、育てて育てて売りまくる、和み系農家経営シミュレーションゲームです。

【主な特徴】
●栽培できる作物は240種類。育てて収穫したり、採取によって取れる食材は110種類。
そして、食材を組み合わせて調理することで作ることができる料理は、243種類!プレイヤーごとに異なった方法で目標を目指すことができます。
●実際の農業と同様に毎季節、天候が異なり、同じ作物でもその年によって品質に差が生まれます。夏には台風、冬には大雪になることもあり、作物が大きな被害にあうことも…。予報を見ながら適切な栽培を行うことがカギとなります。
●キャラクター達の会話シナリオは原稿用紙700枚分に及ぶボリュームで、キャラクター達の魅力を掘り下げます。
●ゲームの目標は主人公が牧場長の出す課題をすべてクリアし、合格することですが、その後もゲームを続けることが可能で、作物、アイテム、料理のコンプリートを目指したり、農家ランキング1位を目指すなど、様々なやり込みプレイが可能です。

©犬と猫/ ©OTOMURA SOFT

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする