PS4&Xbox One&Switch版『Hacktag』が2020年秋に配信決定!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Piece of Cake studiosが、PS4&Xbox One&Nintendo Switch版『Hacktag』を2020年秋に配信することを発表しました。

Steam版では東京ゲームショウの開始時点で、従来の英語とフランス語に加えて新たに日本語、韓国語、および簡体字中国語に対応するとのこと。
その後、コンソール版はリリースと同時に対応します。


本作は、ユニークな非対称プレイが特徴の、2人プレイ用ハイスピードステルスゲームです。

以下、Steamの商品紹介ページから本作の概要です。

Hacktagは、ユニークな非対称プレイが特徴の、2人プレイ用ハイスピードステルスゲームです。

現場で動くステルスエージェントか、バーチャルに潜入するハッカーとしてプレイして、協力し合い、予想外のことばかりが起きるスパイミッションをクリアして行きましょう!

n 2029年、擬人動物が住むパラレルワールドであなたは、トップに立ちたいと望む企業のために、秘密裏にミッションを行う泥棒として働いています。成功するには、パートナーと協力し、2つの方法で企業に同時潜入しなければいけません:

ステルスエージェントとなった場合は等大3Dビューで素早く企業の建物内を動き回る、アーケードタイプの潜入ゲームをプレイすることになります。
また、ハッカーとなった場合は、同じステージに違う観点からバーチャルに潜入します。ホログラムのブループリントバージョンの世界で、バーチャルネットワーク内を動き回り、カメラ、ドア、電話、コーヒーマシンまでいじくるのです…

【特徴】
■Hacktagは、プレイヤーがスパイや強盗映画の主人公になったような気分を味わえるようにデザインされています。
■オンラインとローカルマルチプレイヤー: 別々または画面分割でプレイ。
■シングルプレイヤー: 目まぐるしく展開するハイスピードゲームプレイで、エージェントとハッカーの役割を同時プレイ。
■オリジナルの非対称ゲームプレイと協力ミニゲーム: 時間切れが迫る中、警報を切り、ドアや牢屋を解錠。
■「協力」ゲームプレイ: 泥棒稼業では、パートナーすら競争相手!
■3つの企業に存在する24のレベルが3種類のミッションでプレイ可能。
■経験を積み、アンロックスキルを追加: レベルを上げて、新しいアクティブ/パッシブスキルを選ぼう。
■オンラインチャレンジ、ランキングとリーダーボード
■完全キャラクター作成: 360種類以上のアイテムをアンロックして、自分だけの擬人動物キャラクターをカスタマイズしよう。
■それぞれのプレイヤーにまつわるユニークな物語: それぞれの役割でHacktagのストーリーをプレイして、ユニークなNPCと出会おう。

情報源:4gamer