彩京のシューティングゲーム『ガンバード』がNintendo Switchで発売決定!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

彩京のシューティングゲーム『ガンバード (Gunbird)』が、Nintendo Switchで発売されることが分かりました。
北米のeショップで発表されています。

発売日は2017年12月7日で、販売価格は7.99ドルとなります。

本作は、ファンタジー世界を舞台とする縦スクロールのシューティングゲームです。
「小さな大魔法使い・中華な女導士・空飛ぶロボット軍人・大空の冒険科学者・愛と根性の宮大工」といった個性豊かな5人のプレイヤーから1人を選んで、ステージを攻略していくことになります。

『ガンバード』は、1994年にアーケード用タイトルとして稼動が開始されたのが始まりです。
アーケード稼動開始から翌年の1995年12月15日には、プレイステーションとセガサターンに移植。
2004年2月19日には、『ガンバード1&2』を収録したカップリング作品がPS2で発売されるなど、シューティングファンから高い支持を得たゲームになっています。

以下、アーケード版のプレイ映像です。

Nintendo Switch版『ガンバード』のパブリッシャーは、『ガンバリッチ for Nintendo Switch』『STRIKERS1945 for Nintendo Switch』を配信しているゼロディブです。
今回がゼロディブ第3弾タイトルとなります。

なお、現時点で国内向けの発表はありませんが、日本でもすぐに発表があるかもしれません。
何かあれば改めて紹介します。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク