Switch版『グリザイア ファントムトリガー 07』の配信日が2022年12月1日に決定!


Nintendo Switch版『グリザイア ファントムトリガー 07』の配信日が、2022年12月1日に決定したことをプロトタイプが発表しました。
販売価格は2,600円(税込)に設定されています。

Nintendo Switchでも展開されている「グリザイア ファントムトリガー」の最新作が登場!
なお、以前もお伝えしたように、『08』も2023年にリリースが予定されています。

【オープニングムービー】
https://www.youtube.com/watch?v=ZJPbOck_x6E

以下、任天堂公式サイトから『グリザイア ファントムトリガー 07』の概要です。

かつてのファントムトリガー「エニシ」の影を追い敵地へと飛ぶ少女達──
遂に最終決戦への扉が開く!

「風見雄二」達の死闘から数年が過ぎ、特殊技能訓練校として生まれ変わった「美浜学園」には新世代の少女達が集められていた──。
「グリザイアの果実」の世界を引き継ぎながら、登場人物を一新した新シリーズの第7話!
次話での完結を前に、それぞれの思惑が交差します!

■テキストは3言語に対応!
テキストは、日本語、英語、中国語(簡体字)の3言語に対応しています(音声は日本語のみとなります)。
環境設定やデジタルマニュアルなども3言語に対応していて、プレイ中いつでも表示言語の切り替えが可能です。

■タッチスクリーン操作フル対応! 片手プレイも可能!
Joy-Con™を本体にセットした携帯モードはもちろんのこと、タッチスクリーン操作にフル対応しているためJoy-Conを外した本体のみの状態でもプレイできます。
さらに、テーブルモード、TVモード時には、右のJoy-Con(R)1つですべての操作を行えるため片手でのプレイも可能です。
また、Nintendo Switch Lite™にも対応しています(上記「片手プレイ」を行うには別途Joy-Con(R)が必要です)。

【あらすじ】
いつもと変わらぬ美浜学園の日常。
だが、「来たるべき時」に向けて、少女達は静かに牙を研ぎ続けていた。
その中で一人悩む「有坂秋桜里」。
前代未聞の大規模作戦に、教え子達を送り込むべきか、否か?
少女達の運命は、彼女の判断に委ねられていた。
敵戦力の中核は、元ファントムトリガーの「エニシ」と「クロエ」。
最終決戦が、目前に迫っていた──

【システム】
本作は、アニメや映画を観るように、小説のページをめくるように物語を読み進めていく「ビジュアルノベル」です。
操作していることを感じさせない快適な操作性により没入しやすい環境を作り、美しいグラフィックと音楽、臨場感あふれる多彩な演出、実力派声優陣によるフルボイス(主人公を除く)が物語を盛り上げます。

【スタッフ】
原画・キャラクターデザイン:渡辺明夫
シナリオ:藤崎竜太
SD原画:ななかまい

【キャスト】
レナ   CV:内田真礼
トーカ  CV:佐倉綾音
クリス  CV:名塚佳織
ムラサキ CV:種﨑敦美
マキ   CV:南條愛乃
グミ   CV:三森すずこ
タイガ  CV:高森奈津美
ユーキ  CV:佐々木未来
有坂先生 CV:井澤美香子
エニシ  CV:浜田賢二
クロエ  CV:加隈亜衣
ほか
※フルボイス(主人公を除く)

©2022 Frontwing/PROTOTYPE