Switch版『Green Hell』が国内向けとして2021年2月10日に配信決定!

スポンサーリンク


Forever Entertainmentが、Nintendo Switch版『Green Hell』を国内向けとして2021年2月10日に配信することを発表しました。
販売価格は2,499円(税込)に設定されていますが、2021年2月18日 23時59分までは割引価格は2,249円(税込)で購入することができます。

本作は、ポーランドを拠点とするデベロッパーCreepy Jarによって開発された、未知のアマゾン熱帯雨林を舞台にしたオープンワールド型サバイバルシミュレーションゲームです。
食糧も装備もない状況でジャングルに取り残されたプレイヤーが、過酷な環境の中でサバイバルを繰り広げ、生還を目指します。

以下、任天堂公式サイトから本作の概要です。

未知なるアマゾンの熱帯雨林が舞台。
オープンワールド型のリアルなサバイバル体験!

舞台はエメラルドグリーンの草木が生い茂るアマゾン熱帯雨林の奥地、まさに「グリーン・ヘル(緑の地獄)」です。ゴールは、直感のみを頼りに、この悪夢のような環境から脱出すること。但し、所持品は無線通信機ひとつ・・・

プレイヤーは食糧もない状態でジャングルに取り残されています。サバイバルをしながら脱出を目指します。孤独により、心身共に蝕まれた状態での、生き残りをかけた過酷な冒険が始まります。未知なる脅威が迫り来る中、果たして、いつまで生き延びられるでしょうか。

外界からの助けは一切ありません。初期装備はありません。サバイバルテクニック(火起こし、キャンプ設営、動物の罠の作成など)を身につけ、家を建て、シェルターや道具、武器などを作り、食糧の調達のために狩りをし、また自分の身を守ります。時には怪我や病気を状況に応じて治療も必要です。
常にジャングルの脅威に脅かされながら、野生動物や熱帯病と闘い、時には己も意志の弱さや、無限に広がるジャングルの闇に潜む恐怖と対峙します。

『GREEN HELL』のストーリーは極限状態でのサバイバル時の心理的要素を重視しています。プレイヤーは過酷な状況下で孤独と闘いながら生還を目指します。行く手を阻むものは周囲の環境だけではありません。正気を保つために精神とも闘わなければいけません。
真相を明かすための、経験したことのない苦しい闘い、それは、自分自身の弱さと恐怖との闘いです。

© 2020, Original version developed by Creepy Jar S. A. , Nintendo Switch version developed and published by Forever Entertainment S. A.