Switch版『Graveyard Keeper』の国内配信日が2019年夏から今冬に延期に!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Nintendo Switch版『Graveyard Keeper』の国内配信日が、今冬に延期されることが本日放送された「Indie World 2019.12.11」で発表されました。
「Indie World 2019.5.31」で2019年夏予定とアナウンスされてましたが、少し遅れるようです。

本作は、ボクサー育成ゲーム「Punch Club」のデベロッパーLazy Bear Gamesによって開発され、2018年8月にPC&Xbox One向けとしてリリースされた墓場を管理して遊ぶシミュレーションゲームです。

主人公は不運な事故によって謎の世界に飛ばされてしまい、墓守になってしまいました。
墓守として活躍することで、現実世界に戻れるといいます。
現実世界に戻るため、彼は墓守としてこの世界で働いていくことになります。

『牧場物語』『Stardew Valley』のようなシム要素を特色としていますが、ブラックユーモアが満載。
のんびりスローライフを送るだけとはいえず、やることも多くシム要素は強めです。

以下、Steamの商品紹介ページより本作の概要です。

「Punch Club」の開発陣がお贈りする、史上もっとも不正確な中世墓場管理シミュレーター。それが『Graveyard Keeper』。

『Graveyard Keeper』は史上もっとも不正確な中世墓場管理シミュレーターです。自分の墓場を築いて&管理して、他の事業に拡大してみたり、省コスト化のための近道を探したり。さらに見つけ出せるあらゆる資源を活用しましょう。本作は資本主義の精神、そして活気にあふれたビジネスを築くためにあらゆる事をすることをテーマにしたゲームです。あ、それとラブストーリーもありますよ。

■倫理的ジレンマに直面しよう。魔女の火刑祭で出すハンバーガーにちゃんとした肉を使う?それとももっと身近な場所から手に入る肉とか使っちゃう…?

■貴重な材料を集めて新しいアイテムを作成しましょう。墓場を拡大させて、さらに儲かるビジネスに。周囲のエリアに散らばった貴重な資源を集め、この地にある全てを探索し尽しましょう。

■クエストに死体。遺体はもう動かないわけですし、内臓を取り出しても問題ないですよね?ならミンチにしちゃって地元の肉屋に売ってしまっちゃったり?またロールプレイヤーの皆さんは、代わりにちゃんとしたクエストに出かけていくこともできます。

■謎多きダンジョンを調べましょう。中世を舞台にしたゲームなら必須です!未踏の地へと足を踏み入れ、新たな錬金術の材料を手に入れましょう。ただそのせいで近くの村人たちの身に変な影響が出るかも?

スポンサーリンク