インティ・クリエイツの會津社長「ぎゃる☆がん2はゲーム内容からしてスイッチに出せるとは思っていなかったが、任天堂さんの方から逆に肯定的な回答をいただいた」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Ninteno SwitchとPS4向けに『ぎゃる☆がん2』が発売されることが、先月9月19日に発表されました。

『ぎゃる☆がん2』はお色気要素の強いシューティング・ゲームで、このゲームをNintendo Switchで発売できることに開発者も驚いていたようです。
以下、ウォール・ストリート・ジャーナルの記事より。

インティ・クリエイツの會津卓也社長「『ぎゃる☆がん2』はゲーム内容からしてニンテンドースイッチに出せるとは思っていなかったが、任天堂さんの方から逆に肯定的な回答をいただいた」

また、他のゲーム制作会社同じようなことを述べているようです。

他のゲーム制作会社も任天堂から似たようなメッセージを受け取っているという。あるソフト会社幹部は「こういったジャンルに関しては任天堂は今までは受け身だったが、それはもはや彼らの態度を表すのに適切な言葉ではない」と語った。

先日はNintendo Switch向けに開発されている『送り犬』の原作者である飯島多紀哉氏が、自身のブログで「コンシューマー業界の言葉狩りが緩和しているという話をメーカーから聞いて、それを確かめるために今回Switchで『送り犬』を発売することに決めた。」と、Switchでの発売を決めた理由を話しました。

先月9月に放送された「Nintendo Direct 2017.9.14」では、暴力表現の強いゲーム『DOOM』が任天堂から発表されるなど、Switchはファミリー層向け以外のゲームにも力を入れてきています。

これまでもセクシー表現などのあるゲームが任天堂ハードで発売されてきましたが、「任天堂さんの方から逆に肯定的な回答をいただいた。」などのコメントを見るに、Switchでは任天堂がより積極的になってきているのかもしれません。

ぎゃる☆がん だぶるぴーす ばいりんぎゃる
ぎゃる☆がん だぶるぴーす ばいりんぎゃる