Gモードより『ソリティア クロンダイク BLACK』が12月20日に配信決定!Switchには今後も継続的にゲームを提供

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今日発売の週刊ファミ通 2018年12月27日増刊号に、Gモードの取締役で、開発部門のエグゼクティブプロデューサーを務める竹下功一氏へのインタビューが掲載されています。
竹下氏は、Nintendo Switchでの展開を含めた今後の取り組みなどについて話しました。

<簡単な抜粋>
●今年8月30日に『みんなで空気読み。 (自社開発)』が、10月25日には『スパイダーソリティア BLACK (開発:RucKyGAMES)』がNintendo Switch向けとして配信された。
●自社開発タイトルとして『鳥魂』を12月20日にリリース予定。
●現時点でSwitch eショップには掲載されていないですが、同じく12月20日に『ソリティア クロンダイク BLACK』もリリース予定。300ものバラエティー豊かなステージ&ランダムモードが楽しめる。
●それ以降もGモードの過去タイトルから、Nintendo Switch向けにリメイクしたもの、または完全新作タイトルがリリースされていく予定。
●定番系が5本ほど決まっている。2019年には、RucKyGAMESが開発する『ぐんまのやぼう』シリーズがSwitchで展開予定。家庭用ゲーム機版ならではの要素が盛り込まれる予定。
●RucKyGAMES以外にもインディーゲームメーカーのタイトルを取り扱う予定がある。声もかけてほしい。
●Gモードは「データイースト」の約100タイトルほどのライセンスも所有しており、これらの展開も考えている。遠くないうちに取り組みをお知らせする予定。プラットフォームなどは発表されてません。現行機への移植と、グラフィックや内容などを刷新したリメイク作の両軸になるかも。元のファンも今のゲームファンも楽しめるものに。タイトルは言えないが、シューティングゲームのリメイクをしてみたい。

情報源:週刊ファミ通 2018年12月27日増刊号

スポンサーリンク