Switch版『ふれあい出版局』が2020年6月11日に配信決定!カイロソフトによる夢のタウン誌編集部シミュレーションゲーム

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Nintendo Switch版『ふれあい出版局』が、2020年6月11日に配信されることがカイロソフトからアナウンスされました。
販売価格は1,500円(税込)に設定されています。

本作は、Switchでもリリースされた『ゲーム発展国++』『ゆけむり温泉郷』『冒険ダンジョン村』『財閥タウンズV』『開店デパート日記』『テニスクラブ物語』などのカイロソフトによって開発された、夢のタウン誌編集部シミュレーションゲームです。
もともとはアプリ向けとして配信されていたタイトルですが、Switchにも対応ということになりました。

<概要>
町の片隅にある小さな出版社から、新しいタウン誌が産声をあげました。しかし部数は伸びず編集長は悩みました。

そしてある日閃いたのです。「町のことは住民に聞こう!!」

その日から、編集部は商店街や広場、公民館などに足を運び、住民に取材を繰り返しました。住民たちも編集部の熱意に打たれ、町の色々な行事や催し物、家族のことまで教えてくれるようになり、 タウン誌は急激に内容の濃いものになりました。

町の情報を載せたタウン誌は、近隣住民のハートをも掴み「ぜひ住みたい」と役場には転入者があふれるのであった。

<公式サイト>
https://kairosoft.net/game/appli/magazine.html

<配信ページ>
https://ec.nintendo.com/JP/ja/titles/70010000020382

<紹介映像>

©KAIROSOFT CO.,LTD. All Rights Reserved.

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク